Mist_150709_16.35.00.JPG
上は2015年7月9日16時35分の北西の山(下呂市小坂町大島字郷石原)
2015.07.18  150719更新


脅しについて6 下呂市小坂町大島


※このホームページの文章と写真等のデータ、及び僕僕のツイッター(リツイートした他者のデータ以外)、ブログの内容は、改竄しない限り利用フリーです。(このホームページには、HTMLを見てもらえば分かりますが、CGIなどのプログラムは埋め込まれていません。)


目次
戦争法(安保法制)が衆議院で採決されるときに脅し
西側の支配層によるメディアと気象兵器を用いた脅し?







戦争法(安保法制)が衆議院で採決されるときに脅し 2015年7月18日夜明け前に記述

安倍内閣が、米国の共和・民主両党の日本担当者によるアーミテージ・ナイレポートの通りに動いて、憲法学者のほとんどが違憲であると主張している戦争法(安保法制)の成立に動いている。2015年07月15日の衆議院の採決が戦後日本の平和主義にとって重要な転換点となる。過去のイラク戦争やインド洋での支援やPKO法案とは、完全に水準が違うレベルの法案を一気に11個通そうとしている。背景に中国の台頭と米国の相対的な衰退があるといわれているが、それ故に、平和に徹してほしいという市民の願いは、安倍政権には通らないどころか、日本より先に米国の議会で演説し戦争法を約束してきている。日本の将来は大丈夫なのか? 米国は内政干渉をしたのではないのか? 戦争と武装を放棄した日本国憲法9条の範囲内に、法案を大幅修正するのでない限りは、廃案にするのが筋だ。もし、強行にこの法案が通った場合は、中国が孤立化して日本や米国、その他の国と対立するような事態が起きないように、世界中で平和を前提に、協力しなければいけない時代になる。日本は平和国家として先頭に立って、国際協調と融和を進めなければいけない。安倍総理による偽物の積極的平和主義に騙されてはいけない。本物の平和主義を実現すべきだ。


このページの写真の元はこのリンク先にあります。
前のPCのMediaFireのデータ
メディアファイアーにあるその他の公開データ


2015年07月13日 18時24分42秒
空にデビルマン1 ? (悪魔の力、身につけた、正義のヒーロー、、、であって欲しい?)。

関連ツイートa


BS11の本格報道INsideOUTのエンディングの富山の映像 崖崩れがある
(2015年07月16日 21時51分22秒撮影 この映像はしばらく前から使われている。)

関連ツイートb


2015年07月15日
台風11号接近 上と「11」が重なるのは偶然だろうか?




2015年07月15日 09時59分02秒
自衛隊機の低空飛行。ここは飛騨だ。いつものことだが、ここは地形がS時になっていて、低空での通過はあり得ない。この日は昼に戦争法の採決。僕は戦争法に反対している(関連ツイログ)。

関連ツイートc


2015年07月15日 10時54分52秒
警察の低空飛行。航空法違反だ。撮影時、電磁波技術(用語説明参照)での妨害で接近時の撮影ができなかった




2015年07月15日 10時56分02秒
警察が遠回りにターンして、ゆっくりと横切っていった。この日は昼に戦争法の採決。昼に自治体(下呂市)の広報無線がサイレンの訓練で、サイレンを鳴らした(上のメディアファイアーに音声がある)。違憲立法であることは確実。もしかしたら、とんでもないことが裏で動いているかもしれない。

関連ツイートd


2015年07月15日 17時31分29秒
美女が山に向けて?ガスを吐いている? ただの脅しと思いたい。戦争法は憲法学者の98%が違憲と言っている。僕も違憲立法には反対している(14〜15日の関連14ツイート。非常に重要)。

関連ツイートc


2015年07月15日 17時34分14秒
空にデビルマン2 ?(視点を変えると顔が別になる。気象兵器と人工重力があるはず) この日は昼に戦争法の採決が通った。参議院で廃案にするか合憲になるまで修正すべきだ。(150718)

関連ツイートd


2015年07月17日までの積算雨量
ここは降っていない。(緑の↓)
(2015年07月17日 22時44分35秒 報道ステーションの画面)




2015年07月18日 深夜早朝の天気予報
台風接近でも降っていなかったが、18日になってから、ここも降りだした。
(2015年07月17日 22時23分36秒 報道ステーションの画面)




2015年07月18日 朝の天気予報
18日朝は多少は強めに降るらしい。ここは、避けていくかどうか?
(2015年07月17日 22時45分08秒 報道ステーションの画面)




2015年07月18日 昼の天気予報
18日昼には御嶽の辺りに強めの雨。それで台風11号は通過する。
(2015年07月17日 22時45分14秒 報道ステーションの画面)




気象兵器を用いた脅しに反対する。





















西側の支配層によるメディアと気象兵器を用いた脅し? 2015年7月18日夜(19日)。台風通過後に記述

BS11の本格報道INsideOUTのエンディングの富山の映像
(2015年07月16日 21時51分22秒撮影)

関連ツイート


最初の方にも貼ったが、権力が電磁波犯罪(用語説明参照)を用いてさせているのか、政府の圧力があるのか分からないが、一個人に脅しをしているように見える。気づいていないままさせられているのかもしれない。きっとそうなのだろう。気付いているなら、仕方なくしているのだと思う。

これが脅しであるのは、脅しについて3脅しについて5を見れば明白だ。

(同じ番組で遠隔操作による日本語入力システムの異常(メディア集スト(IT&セクハラ被害)の証拠)ということも起きている。この遠隔操作被害は、毎日のようにあるものだが、内容が重要なので、ネットに出したもの。)

僕は、ただただ、被害を長年受けている。住所も名前も顔も出して被害を訴えているのは、悪いことを一切していないからできること。人生を破壊されて、ものすごい被害下にあることは、他のページを見てもらえば分かると思う。


この日、最も降ったのは、午後2時前までだった。嫁に行っている妹が来ていて、ちょうど帰るタイミングだった。人を操作している技術(用語説明参照)が集ストの背景にあるのが改めて分かる。早朝に、昼で台風11号が通過すると曖昧に書いたが、その後に強い雨が降ったことで、気象兵器を利用している側が、僕の言っていることを間違いにしようとしたかもしれないと思うのは、考えすぎだろうか? このHPをよく読んでもらえば、そんなことがあるわけ無いとはいえない状況にあることが、分かってもらえるのではないかと思う。


午後5時10分時での土砂災害リスク。


脅しを散々されているが、脅しでしかなかったからといって、気を抜くわけにはいかないのが、こちらの状況。将来の危機がないか、常に警戒を怠るわけにはいかない。

「天の声」としての影響は、僕が何も知らないで利用されていた昔のものみたいだが、念の為、最近は台風の通過時に、犠牲者を出さないでくれと言っている。効果があるかはわからないが、広島の大土砂災害の後に、このHPを作ってから、台風や豪雨での犠牲者が少ないのは事実としてあると思う。ただし、御嶽の噴火での犠牲はひどかった。もう二度とそんなことあって欲しくはない。知り合いが、噴火後に僕が噴火させたのではないかと電話してきたことに怒ったことがあるが、むしろ、電磁波犯罪及び集団ストーカーの世界では、僕に怒った者が、僕が住むところの火山を噴火させたことにして、環境兵器を用いた者がいる可能性が高い。




自衛隊の犯罪を斬るというブログがある。僕の被害の事実を根拠付してくれる。そこから引用させてもらおうと思う。

特殊部隊と暗殺
引用「テロ対策、スパイ対策の詳細は秘密のようですが、テロリストが殺人を実行する前に、テロリストを暗殺するのが任務と推測します。同様に国家機密を漏洩するスパイを暗殺するのも任務なのでしょう。」

CIAの暗殺と公安調査庁(文献:『ゲバラ最期の24時間 殺害を命じたCIAエージェントの告白』朝日新聞社)によると、公安調査庁は法務省の外局でCIAと人的交流をもち、CIAと同様の機能があり、暗殺を自衛隊特殊部隊に命じるのが実情とのこと。




機密が何かも機密なのかもしれないけれど、実際に国家が暗殺行為をしているのであれば、大きな問題だ。電磁波犯罪、テクノロジー犯罪(用語説明参照)の被害者を守らなければいけない。この犯罪被害を精神疾患扱いすることなく、事実として周知し、被害者の生命と生活を守るべきだし、僕自身も犠牲になる気はさらさらない。

このページの上の内容をみても、(米軍によると推測する(他にあり得るか?))気象兵器と、自衛隊、警察、自治体無線が連動した集団ストーカーとして使われていて、この範囲を調整できる機関は、米国のCIAと日本の公安調査庁くらいしか思いつかない。可能性はあるだろう。

防衛省の情報本部も、公安調査庁や友好国などからの情報を使っているらしいが、自治体までも操作しているとは思えず、何処が集団ストーカーの主体であるかは分からない。

集団ストーカー に関しては、郵便局、消防署、テレビ、ネット、自治体(の広報無線)など、全て総務省(特高のあった旧内務省)の所管であり、政府の関与が疑わしい。2012年に、この犯罪被害を知ってすぐ気付いたことでもある。

中電と東電の子会社である新日本ヘリコプターによる集ストがあるが電力会社の所轄は経済産業省。JR東海の警笛被害もあり国土交通省交通局の所管。ここは田舎なのでトラックのタイミングを測った大量通過もあり、トラック業界(国交省が所管のはず)も関与している可能性がある。その他、一般企業のヘリなどによるものもある。

以前から、裁判報道に際して電磁波犯罪の妨害が酷く、法務省関与は確かにあると考えているが、公安調査庁が法務省の外局であることも、それを証明するのかもしれない。これだけの広い範囲に支持をして、調整をしながら、なにか一貫した行動をとらせることが出来るのは、公安調査庁あたりが濃厚ではある。

ただし、米軍の気象兵器が関与しているので、一概にはいえず、CIAなどの米国の機関の関与もあると考えるのが自然。その過程で、どこまで電磁波犯罪の脳操作技術が関与しているかが重要なポイントとなる。どの範囲の人が、直接命令を受けていて、どこから先が、電磁波で操られているのか、それにより、加害者か、被害者であって同時に加害者でもあるのか、ただただ被害者なのかが分かることになるが、実態の把握は容易ではなさそう。


必要なことは、問題を周知して、禁止法を制定し、利用を把握できるような仕組と、そういったものを無実の国民に使わないような情報公開システムの構築である。問題解決に繋がる情報発信が求められる。


見えない姑息な兵器の利用戦略は、信頼関係も平和も安定も全てが破壊されかねないものだ。
逆に使い方次第では、災害を減らし、対立をなくし、世界を平穏に出来るだろう。


気象兵器地震兵器電磁波兵器の悪質な利用と電磁波犯罪(用語説明参照)に反対する。


国連の環境改変兵器禁止条約を使うべきだ。



人権侵害と弾圧に反対する。




















ホームページ



@akejy

下は2015年7月9日16時48分の南東の山(下呂市)
Fog_150709_16.48.42.JPG
inserted by FC2 system