swollen_river_150817_12.00.JPG
2015年8月17日正午の増水した飛騨川    2015.07.23  150821

脅しについて8 下呂市小坂町大島


※このホームページの文章と写真等のデータ、及び僕僕のツイッター(リツイートした他者のデータ以外)、ブログの内容は、改竄しない限り利用フリーです。(このホームページには、HTMLを見てもらえば分かりますが、CGIなどのプログラムは埋め込まれていません。)

目次
昔からの加害機関を推測する情報
異常な豪雨は、上のツイートの結果か?「脅しについて7」の結果か?
加害権力の姑息なゲイ戦略とナチスに反対(僕は同性愛ではない)
 ナチス・コラムへ誘導された
 メディア集ストの仄めかしとエロス雲。ナチス反対
 その夜の意識喪失と明け方の地震


昔からの加害機関を推測する情報(050723)

2015年07月22日(水)のツイログの内容をまとめようとしたら電磁波犯罪(用語説明)の妨害と被害により、何もできなくされた。

日付をまたいで、加害機関に脳操作された被害者?が話しかけてきて、何もできなくされた。こういうことは、過去にも多い。過去の経緯から、脳操作されているだけの可能性が高い。2015年07月23日(水)のツイログの内容

そのタイミングでの気象兵器による脅しがあった証拠。

2015年07月22日のツイートへの加害機関の側の対応と思われるので、その日の夜から翌日の未明にかけて気象兵器と電磁波脳操作兵器を使う余地はあったはず。22日はショック・ドクトリン(ナオミ・クライン)を読もうとしたら妨害が酷くて、思いついたことを度々ツイートしていた。

このときの一連のツイートは後で、読みやすいように直してここに記載するつもりです。(そういった文章やツイート群が何十とありますが、殆ど放置されています。このホームページのメディア集ストに関するところや政治に関する所も、同様に電磁波犯罪の被害(用語説明)と電磁波を用いた脳の遠隔操作妨害により追記や修正ができないまま放置しています。読めない本もたくさんあります。それほどこの権力犯罪の被害は激烈です。何が起こっていたのか、わかりやすく、正確に記述できたらいいとは思っています。

この7月22〜23日の権力による妨害の本当の理由は、安保法制(戦争法)が国会で審議されているからです。僕はメディア集スト被害と天の声現象被害があり、その関係と見られます。市民の側の位置づけですが、ネットとテレビや紙媒体のメディアでの脳同期があって、僕の側は苦しみながら頑張っているはずです。それ以外は、ネトウヨ同期だったはずです。妨害が酷いので、きっとまだ影響があるのでしょう。前は、僕を一見しただけでは悪に見せておいて、実態はそうではなく、僕を電磁波世界の住人が倒そうとして苦しめると一般市民にとって悪いことが起きるという仕組が過去にありました。今はわかりません。









異常な豪雨は、上のツイートの結果か?「脅しについて7」の結果か?  (150819)

前の項目のときに、直後の気象図の豪雨が起きています。

は我が家のあたりです。

気象図
2015年7月23日0時45分

ツイートの内容が権力にとって都合が悪いと、一般人かはわかりかねますが、誰かのリツイートからの会話などにより妨害させるということが、過去にも繰り返しありました。過去のツイッターでの会話に関しては、表のものも、表からは見えないDMのものも、おそらくは一般人によるものなのでしょうが、そうであれば電磁波犯罪、テクノロジー犯罪の脳操作技術(用語説明)を使った権力が、人を操作して僕に当ててきているはずです。そうでなければ、諜報機関が一般人を装っているのでしょう。

僕自身が脳操作被害を受けているので、一般人が脳操作されている可能性が一番高いでしょう。要するに、直接の加害者に見せられている人は加害者ではなく被害者の可能性が高く、僕を含めた被害者を操っている権力の諜報機関があるはずです。

一般人同士を使うことで、報酬が発生せず、安上がりに人を監視したり統制したりすることを考案して実行している権力の機関があるはずです。この権力による犯罪被害は、国内外で数十年続いているようなので、かなり古い手法が技術的に洗練されていった結果なのでしょう。間に人工知能も使われているかもしれません。

僕のツイッターで「#電磁波脳操作(ツイログ)」とハッシュタグ(#)を使ったところに、被害から気付いいた手法を書いています。ツイートなので短文ですが、参考になるものがあるはずです。

補足として、上の項目で僕(@akejy)と会話をしたツイッターがしばらく後に更新をやめていますが、同一人物が別のアカウントを利用していることを確認しています。その後も、8月2日に会話をしています。彼は男女関係なくいくつかの名前を使いまわして、ときどき同じツイッターでも名前を変えるのですが、それが同じ名前だったことと、発言内容やツイート傾向が同じなので、間違いなく同一人物と思います。まるで僕に罠を仕掛けてきているかのようですが、彼本人の意図なのか、権力の諜報機関が脳を操って(電磁波脳操作(用語説明)参照)させていることなのかは分かりません。脳操作されている可能性は高いです。もし彼が裏組織の人工知能であれば、すごいことなのだと思います。何が本当なのかは僕には分かりませんが、僕への罠が隠れていることには気付いています。

(この上の記述は、「脅しについて8」に移動してからのものです。)



上の気象図のような豪雨が、今年(2015年)8月13〜14日と17日にありました。

昨年(2014年)の8月15〜16日の豪雨の「日付」を挟んでのことです。

7月23日の豪雨との関連は不明です。終戦記念日を挟んでいるということがポイントになりそうです。

気象図
2015年8月13日23時0分

気象図
2015年8月14日11時35分

気象図
2015年8月14日14時50分

気象図
2015年8月17日6時10分

気象図
2015年8月17日7時0分



繰り返しますが、今年(2015年)の豪雨は、昨年(2014年)の8月15〜16日の豪雨の「日付」を挟んでのことです。

2014年の豪雨に関しては、「脅しについて1」の土砂崩れの脅し?を参照ください。

それが、「脅しについて2」の【御嶽の噴火の予告と実施の恐ろしい事実】につながっています。

2014年9月25日の集中豪雨が我が家のあたりから御嶽山に向かっており、その後の非常に残念なことですが多くの犠牲を出した御嶽山の噴火の予言のようになっています。

電磁波犯罪(用語説明参照)の世界での話で、極限られた人にしか理解してもらえませんが、僕がではなくて、僕への何らかの攻撃が電磁波攻撃となり、それが気象兵器の発動へと繋がり、さらには地震兵器による御嶽の噴火という結果をもたらしたと見るのが正しいでしょう。恐ろしい話ですが事実です。表に出せるものかはわかりません。

今年の9月に何があるかはわかりませんが、日付をずらしたことに意味はあるのでしょうか?

おそらく、政治が関係あります。

戦争放棄をした日本国憲法において、アメリカの戦争の支援が世界中でできるため、明らかに違憲立法である戦争法案(安保法制)と、日本社会には必要もない原発の再稼働が関係しているはずです。

僕は一般市民ですから、安倍政権のやっている政策には反対しています。

気象兵器などを用いた脅しに関しては、どちらの選択が危険で、どちらが安全かは、僕には分かりません。

状況を考えれば、簡潔ですが以下のようになると思います。

他のページにも書きましたが、僕はメディア集スト被害にあっており、天の声として利用された過去があります。その時代は、「一見すると」非常にリベラルで民主主義が尊重され、自由を謳歌できた時代に見えました。アメリカでCHANGEを標榜するオバマ大統領が現れ、日本で民主党により長年の自民党の支配が崩れた日のようでした。中東ではアラブの春により民主化の波があるかと思われましたが、実際の波は中東の秩序を破壊し、日本の東北の町を流し去りました。僕のリベラル(社会自由主義的)な天の声の利用は、その後収束して、右翼に取って代わられました。妄想のように見えるかもしれませんし、実際に妄想のようですが、このページに入れた不十分な情報だけでも、妄想ではないことが分かると思います。

現在、僕の影響力は限定されて、それでも多少は残っているかもしれませんが、何とか起きたことを残そうと、ここ1〜2年ネットに書き込んでいます。大事なところは抑制が強くて、記憶が抑えられたり、酷い電磁波をあてられたりして、書けていません。記憶も薄れつつあります。それでもなんとか、右翼政権による、違憲立法の安保法制を戦争法案とみなしてツイッターで批判しています。原発再稼働も今となっては電気が足りており電力会社も黒字経営であり完全に不必要なので批判しています。核保有も不要です。

その結果としての、気象兵器がもちいられた豪雨かもしれません。ただし、上の「空の目」がどこまで僕への圧力かわかりません。この田舎町に住んでいるのは僕だけではないので、断定はできないとは思いますが、僕への圧力の可能性があると思っています。

政治の文脈でも、安倍政権が日本の国会よりも先に米議会で戦争法を約束したことや、アメリカの超党派によるアーミテージ・ナイ・レポート(iwj自衛隊)で書かれているように安倍政権が動いていること(ただしこのレポートには集団的自衛権の言葉は違憲なのでない(←これはミスで訂正は下です。150820追記))、安倍総理がイスラム国の捕虜となった日本人の生命を無視してイスラエルでオバマ大統領すら会わないタカ派のネタニヤフ首相と握手をし軍需産業への道をひた走っていること、気象兵器や地震兵器が使えるような科学技術を軍事分野で持っている国は限定されること、などから、アメリカ合衆国の裏側が関係していることは容易に想像できます。彼の国はショック・ドクトリンや独裁者の利用など、外では滅茶苦茶な一面があるので、可能性はあるでしょう。ただし、リアルタイムでそれらを把握している者はひと握りでしょう。多くの識者や政治家は常識を逸脱した行為が目の前で実行されつつあれば抑制をかけるでしょう。


訂正 (150820訂正)〜
「(ただしこのレポートには集団的自衛権の言葉は違憲なのでない)」と書いてあるが、脳操作被害(用語説明のその項目)の結果だ。アーミテージ・ナイレポートには「集団的自衛の禁止は同盟の障害である」と明確に書いてある。僕がツイートをコンスタントにしだしたのは2014年の6月だが、それ以降に何度も書いている。集団的自衛権がアーミテージ・ナイレポートによるものだとも2015年01月10日のツイートで書いている。間違えるわけがない。

僕が書こうとしたのは、政府が誤った解釈改憲をするときで武力行使の新三要件をつくるときに、アーミテージ・ナイレポートに関わっているだろうCSISなどのジャパンハンドラーが来日して圧力をかけていて、ただし、明確に違憲になる集団的自衛権という文字を入れないようにという要請をしていたという報道を読んだ記憶から、「(ただし、レポートを背景にしてできた解釈改憲には集団的自衛権の言葉は違憲なのでない)」という文章だったと思う。電磁波犯罪(用語説明参照)の脳操作被害とはこういうミスを誘発して、評価を下げさせるようなことをする場合にも利用されているだろう。

ツイッターではよくやっている作業だが、ここは文字数制限がないので、加害諜報機関の皆がそういったことが可能だと知らないことを前提とした単純なやり口の姑息さが明瞭でわかりやすいと思う。

脳操作被害(用語説明の電磁波脳操作参照)が恐ろしいのは、ミスをさせられていることを認識して直そうと思っているのに、その記憶が消えてしまったこと。リアルタイムで記憶が消されたのに、その経緯の記憶があるのは不思議だ。被害を受けていない人、もしくは受けていても気づいていない人は、そういった脳操作がある事自体を知らないので気付かないだけだが、そのような被害があることを知って注意していても、脳操作されたら自分の意志は押し込められて乗っ取られ、乗っ取られた感覚が全くないことから、この技術がどれほど危険なものかがわかる。

この訂正は、今日のネットの国会質問のニュースでアーミテージ・ナイレポートの件を糾されていることを読んで思い出した(上のリンク先にもある)のだから、何らかの因果関係を感じるが、HPを修正しようとしたら妨害の嵐。何とか修正したが、敵と味方が混在しているのか、遠隔操作の実験的試みかはわからない。

「ですます調」と「である調」が混在するのは僕の意図ではないけれど、ひどい被害下にあるので仕方ないことなんです。今も一杯一杯のところで訂正を入れたわけです。僕の健康状態は良好ですが、電磁波による被害で思うように文を書くことも動くこともままならない状況です。記憶を消されて滅茶苦茶な文体になるのを修正して上げています。 〜(150820訂正)




僕は人生を破壊され、電磁波犯罪、テクノロジー犯罪の脳操作(用語説明の電磁波脳操作参照)と巧みな心理操作により、何も知らないままに無自覚に利用されただけなので、生命を奪われるわけにはいかないし、人生を返してほしいとすら感じています。見えるわけではないですが、僕と同様な状況にあるだろう他の人も同様です。生命は尊い。

豪雨に関しては、もしかしたら、電磁波犯罪、テクノロジー犯罪のマインドゲームとして、他の被害者の安倍政権批判の誤解せいにして、僕のところに降らした可能性もありますが、一般人のせいにして何らかの策略をやる手法は姑息です。しかも、権力による電磁波犯罪を知らない人には、被害者の妄想に見えることから、悪質性はより増します。何があっても、他の被害者のせいではなく、権力が姑息に責任回避しながら、誰かを弾圧しているだけと考えるべきです。(同日加筆)

平和主義は日本の国是です。人権の尊重はアメリカの国是のはずです。この当たり前のことを忘れた支配は長くは続かないという歴史の教訓を忘れてはいけないと思います。


平和主義と人権の尊重を望みます。














加害権力の姑息なゲイ戦略とナチスに反対(僕は同性愛ではない)  (150821)


ここに書いてあることの要旨。

誘導されるかのようにヒトラーのコラムを読んで、それに関するメディア集ストの嫌がらせと電磁波犯罪被害があり、朝、破裂音がしたことや様々なニュースに一貫した裏の動きがあることの仄めかしもあって、昼に撮影していた雲と空の目の写真との関連性に気付き、夜は意識を喪失させられて、その後に死ぬかと思うほどの電磁波被害、それをツイートしたらこの近くで人工地震。この経緯をツイートを元に記述します。

このホームページのセクハラ被害のところにもありますが、なぜゲイでもホモでもない僕を、無理やりそう見せようとするかも分かります。僕はLGBT差別はしませんが、僕個人は異性愛のみであり、僕は同性愛者ではありません

以下は、2015年08月20〜21日(木)の連投ツイートに修正を加えたもの。




ナチス・コラムへ誘導された

ヒトラーはどうやって議会政治を「合法的に」解体したか
安倍政権ができる頃いわれていた旧独授権法(全権委任法)の懸念。ナチスによる憲法違反合法化。外国との条約は議会無視←何故。米ブッシュ家などがナチスを支援していたらしいが実態は?


引用
授権法の成立は確実視された…
法案は…賛成444票、反対94票で可決成立した。結局、反対したのは社会民主党の議員94名だけだ。反対投票が彼らの身に何をもたらすかは、議場内の突撃隊の存在が物語っていた。彼らは激しく弾圧された。

成立した授権法は次のとおりである。

第一条 ‌国の法律は、憲法に定める手続きによるほか、政府によっても制定されうる。

第二条 政府が制定した国の法律は憲法と背反しうる。

第三条 ‌政府が制定した法律は、首相の手で認証され、官報に公示される。

第四条 ‌外国との条約で立法の対象となるものは立法参与機関の承認を必要としない。そのような条約の遂行に必要な規定は政府が発令する。

第五条 ‌本法律は、公示日をもって施行される。1937年4月1日をもって失効する。現在の政府が取って代わられたときにも失効する。

授権法の威力はただちに発揮された。3月29日には死刑執行法(「ファン・デア・ルッベ法」とも称される)が制定され、先の議事堂放火事件の犯人に対する死刑の執行を、近代法原則の罪刑法定主義に反して事後的に可能にした。これを皮切りに、政府の手で新しい法律=「ナチ法」が続々と制定されていった。
授権法は、第五条に記されているとおり、本来、4年間の時限立法だ。政権交代があれば失効することになっていた。しかし、4年後、ドイツはすでにナチ党の一党体制となって久しく、政権の交代も起きなかった。結局、授権法は、ドイツを打倒した連合軍が管理理事会法第一号でこれを無効とする1945年9月まで効力を維持した。




ドイツ社会はなぜナチズムを受け入れたのか〜「首相」ヒトラーが「総統」になれた理由

引用(P7から)
徴兵制再導入を念頭におくヒトラーにとって、レームの民兵構想は時代遅れであり、再軍備の障害でしかなかった。

… レームを粛清して突撃隊(SA)を無力化するという考えが、ヒトラーの脳裏を最初によぎったのはいつだったか、明らかではない。だがそれを実行に移すきっかけは政権内部で生じた。パーペン副首相の周辺に集う若き保守エリートたち、いわゆる青年保守派の政府批判の動きがそれだ。


ここを読んだときに、電磁波犯罪(用語説明参照)の被害が悪化している。僕はレームと逆でリベラルだ。




引用(P8から)
軍部の支持を確保するために、ヒトラーはついにレームの粛清を決断した。軍部が嫌うレームを排除し、軍と競合する突撃隊を無力化することで軍部との信頼関係を確保しようとしたのだ。突撃隊の悪評もすでに限界を超えていた。パーペンら保守派の領袖が、突撃隊の不穏な動きを理由にヒンデンブルクを動かし戒厳令が出される前に、ヒトラーは先手を打つ必要があった。
男色のレームの醜聞をでっち上げ、国家反逆罪の濡れ衣を着せることなど、ヒトラーにはたやすいことだった。
34年6月30日から7月1日にかけて、ヒトラーは自らの命でレームら突撃隊指導者を殺害した。「レーム事件」あるいは「長いナイフの夜」と呼ばれる事件だ。
ヒトラーはこのとき、攻撃の矛先を保守派にも向けた。ユングらパーペン副首相のマールブルク演説に関与した者も殺害された。パーペンは自宅軟禁されたが、殺害は免れた。
粛清を実行したのは、ヒトラー直属の部隊である親衛隊だ。事件の犠牲者は100名近くに上った。かつてナチ党の組織作りに多大な貢献を果たしながら、党の分裂を図ったとしてヒトラーの逆鱗に触れたシュトラッサーも、このときに殺された。犠牲者にはほかにシュトラッサーを閣僚に据えようと画策したシュライヒャー元首相、それにミュンヒェン一揆の最中にヒトラーを裏切ったカールらも含まれていた。
この虐殺事件は、いかに強弁しても合法的ではない。だが政府は7月3日、「国家緊急防衛法」を制定して事後的にこのテロ行為を「合法」とした。謀殺罪に問われるべき首相らの犯罪が法の下に免責されたのだ。

粛清を実行した親衛隊が突撃隊に代わって前面に登場し、強大な権力集団へ変貌するきっかけとなったことだ。ヒトラーの命のもとで虐殺に手を染めた親衛隊は、これを正当化するためにも自ら警察権力と一体化して、警察国家を築いていくことになる。


「男色のレームの醜聞をでっち上げ、国家反逆罪の濡れ衣を着せることなど、ヒトラーにはたやすいことだった」とある。ナチのSAは男色や酒乱が多かったらしい。レームもそう→wikipedia Category:ゲイの人物 [れ]

僕はゲイではない。




ナチス親衛隊のホモ人脈は、その後世界各国で今も生きている。「同性愛と政治」で書かれていることが事実なら、いまの電磁波犯罪、テクノロジー犯罪、集団ストーカー、メディア集スト(用語説明参照)をしている権力がナチス的な存在であるとわかる。

LGBT差別はしないけれど男性的な頑固でマッチョな価値観が嫌いであるため、すぐ上司や教師にパワハラをうけるような僕を電磁波犯罪の加害機関がゲイに見せようとした理由が、ナチスや裏権力がゲイであり、僕をそちら側に見せようとしたからと分かった。しかし、僕はゲイでもホモでもない(ただし差別は反対)。体育会系や軍や保守や男社会が嫌いなのはリベラルだからであり、差別に反対し多様性を尊ぶリベラル左派だからこそLGBT差別をしないだけ。



ナチス党内の左派のグレゴール・シュトラッサーも粛清されたらしいが、僕はナチスとみなされる可能性がある自民党や維新の党、次世代の党の天敵だ。みんなの党を含めて過去にずっと保守、ネオリベ、右翼権力を批判し続けてきた。だからこそ、なぜ、社民党宣言botをツイッターでRT(リツイート)すると電磁波犯罪の被害が強まったかわかった。ナチスの天敵は社民党だからだろう。僕はナチスの天敵であり、島内の粛清の文脈で始末しようとする計画は失敗だ。

僕のツイログを見るとFrends、Hashtagsに社民党や左派サイト、社民党の福島瑞穂さんや左派経済学者の金子勝さんがあるけれど、右翼のナチスの天敵は左派で、僕がナチス的なものと逆と分かる。電磁波犯罪の遠隔操作で絵を大量にRTさせたのはそれらを消したかったかららしい。

僕は二十数年前から、このツイッターでも何度も主張しているけれど、中道左派なので、ナチス的な人間ではない。ナチスがまず敵とみなすユダヤ教でもなければ共産主義でもない。

社民主義よりの社会自由主義だが、そこは問題とは思えない。日本の社民党は歴史的に北朝鮮よりといわれるが、僕ぐらいの冷戦終結時にまだ少年だった世代より下は、そういった関係には影響されておらず、独裁国家との関係を尊重しようとは思わないが、同時に対立は避けたいと考える。若い世代の平和主義故の結論だ。

安倍政権は違憲立法である安保法制、いわゆる戦争法を無理に通そうとしているかもしれないが、それはナチス的行為に見えても即ナチスというわけではないだろう。戦前と異なり弾圧もできないはずだ。そもそもここは日本であり、ドイツではない。日本でも戦前に左翼の共産主義者は狩られたが、右翼の国家社会主義者も狩られている。彼らは226事件などを起こしている。僕自身は、リベラル左派であり共産主義ではない。今の日本の共産党を批判こそしないが、それは既に共産党が社民主義政党と化しているからだ。赤狩りが今の日本で起きるとは思わない。

よって弾圧される筋合いはない。電磁波犯罪に反対。(用語説明参照)

ナチスの戦略を書いたが、それらは誘導されたものであって、安倍政権が樹立した2012年の終わりから2013年にかけての世界的懸念を蒸し返す必要はないだろうとはおもうが、安保法制が違憲立法であることは明白で、それを無理に国会で通すことは、ナチス的行為ととられかねない。もちろんナチスほどの悪質性はないにしても、それはナチスが常軌を逸していたからであって、立憲主義国家、法治国家、民主主義国家である日本で、違憲立法が許されるわけがない。廃案にするか、最低でも違憲状態ではないレベルまで大幅修正すべきだ。(150821の記述)




メディア集ストの仄めかしとエロス雲。ナチス反対

この日(2015年08月20日)の朝、有害鳥獣対策の破裂音をツイート。その後、電磁波犯罪の被害(用語説明参照)が悪化している。今、猿が年に数万匹駆除されるニュース。現場は知らずに流しているはず。この前の連投ツイートと合わせて、権力による弾圧の証拠になるはず。
(posted at 18:08:24

破裂音の直前のツイート 2015年08月20日 07:32:42
山本太郎議員が日本政府の「属国タブー」を追及! 原発再稼働、TPP、秘密保護法、集団的自衛権…安倍政権の政策は「第3次アーミテージレポート」の「完全コピーだ」|IWJ Independent Web Journal

破裂音を書いたツイート 2015年08月20日 07:43:13
電磁波犯罪の読字妨害と、外で有害鳥獣対策の破裂音が同時。
安倍首相の戦後70年談話は日米合作だった! 騙されてるのは日本国民だけ、海外メディアは二枚舌見抜き大批判|LITERA/リテラ本と雑誌の知を再発見


僕は今(2015年08月20日18:13:33)ひどい電磁波犯罪の被害(用語説明参照)で苦しんでいます。胸と腹に振動がある。 脚が痙攣する。酷い被害で苦しいが電磁波で神経系を操作した偽装で、おそらく健康上の問題は携帯電話を使用しての電磁波の影響程度と思われる。苦しいからと病院へいくと国家犯罪なので危ない。

今(2015年08月20日18:17:02)は被害が酷いので、自分のことで精一杯だが、類似被害で電磁波犯罪や集団ストーカーの被害にあっていて、右傾化していたり、安倍政権を支持していたり、愛国を言っている人たちは、僕と対立する価値観の側だけれど、大丈夫なのだろうか?



なぜ、現代がいまになってナチスを特集しているのか、なぜいま(2015年08月20午後5時台)僕がそれを読んだのか、なぜ今朝爆裂音があったか、そのタイミングでの電磁波犯罪の被害(用語説明参照)。読んだ直後の夕方のニュースで、数万匹の猿の駆除のニュース。偶然とは思えない行動が電磁波脳操作であること。これは状況証拠になる。



(これは、ニュースでの仄めかしがあったことを意味するツイート)
桜島が3日で16cm動いた。台風15,16号。朝鮮半島38度線で155mm弾が36発。CMでフルボッコは止めて欲しい。最近元気がない。報ステ天気のあと意識喪失。時論公論は広島災害1年=ここが関係=HP「脅しについて1」参照。電磁波被害

気付かなかったが今日11時33分の写真の空の目の上にペニス雲があった。コントラスト付加。この連投ツイートのナチスの話題と連動。僕はナチス反対&右翼反対&独裁反対のリベラル左派だ。LGBT差別は反対だがゲイでもホモでもない。

写真
2015年08月20日 11時33分48秒

繰り返しますが、僕はナチスには反対している。電磁波犯罪による弾圧にも反対する。安倍政権は本当の意味での平和主義に徹するべきだ。米国は内政干渉をすべきでない。
国連の環境改変兵器禁止条約を使えるようにすべき。

(リアルタイムで被害が酷かったので猿の駆除ニュースの仄めかしで心配になったので、何人かのツイートをチェックしてからのツイート)
とりあえず、他の電磁波犯罪、集団ストーカーの被害者は元気そうでした。僕をブロックした人たちは見れないので分かりません。ターゲットが僕のようで、何事もないと思っています。僕自身も、選択肢を間違えなかったみたいで、多分大丈夫です。ただ、戦争法と原発でしばらく苦しいはず。





空の目があった。例の山を見ている。変なエロ雲がある。この連投ツイートと関係あるのだろうか。脅しだろうか?
どうとでも読める。(これはツイートの文章なので、曖昧だが、それなりの解説はこのページでしているつもり)

写真
2015年08月20日 16時04分14秒 IMGP6141.JPG

前の画像は、コントラストをつけてあります。元の写真も貼っておきます。広島の土砂災害から今日で一年とのこと。被災地を上空から見た川の形と堤防が下呂市小坂町と類似していた。なぜ、そんなことが続くのか?
写真

上の文脈の関連で、権力が僕のデマを流しつつ、気象兵器等を利用して、僕を脅していると考えられる。

国連の環境改変兵器禁止条約を使えるようにすべきだ。



(この直後の6ブロックはツイートではありません。150821記述。)

僕は差別反対ですが、僕自身は異性愛であり同性愛者ではありません。メディア集スト被害にあっており、一見すると僕の好みの女性がたくさんでてきます。それ自体は僕は異性愛であるので決して嫌がらせではありませんが。そこから、浮気をするなだとか、好みのタイプが重なったときに、僕に電磁波被害もしくは、僕が興味を示さなかった方の女子アナに何らかの被害があるように見えます。

と同時に、僕と同期しているゲイの人が存在するのか僕を嵌めようとするようで、男性にも何らかのセクハラと思わしき被害があるようです。どう考えても僕ではなくて、ゲイであったりゲイ戦術をしている加害者もしくは加害諜報機関の方がナチス的です。ただし、直接の加害者が何も知らずに利用されている場合に罪が問えるかは議論が必要でしょう。計画元の加害諜報機関及び権力の側は罪があるでしょう。戦略が姑息です。戦略でなければナチスそのもののようなネオナチ権力が裏に存在するということになるのでしょうか?

僕は男性には興味がないので、ここ数年は、テレビで男性に目をやらないようにする習慣がついています。過去においては、何かがあるのが分かっていて、男性を見ないようにしていたがために、人の目を見ないからアスペルガー症候群だと仄めかしをメディアを通じてやられましたが、僕は心の理論が高度に機能していて、ネットなどでもある正規のテストでもアスペルガー症候群の傾向が低い結果が出ます。

僕自身は同性愛でも発達障害でもありませんが、電磁波犯罪、テクノロジー犯罪、集団ストーカー、メディア集スト、マインドゲーム(用語説明参照)、といった権力による謀略と利用において、そういったものに見せられる被害に長期に渡ってあっています。かなり計画的に、そういったものが存在し、昨今の安倍政権がナチスのように暴走するのではないかという動きを、権力側の諜報機関が演出して、まるでゲームのように日本の政治と国際情勢を操っているかのようです。

第三次世界大戦の計画があって、それをその地域の人々が回避するかどうかを賭けているかのようです。悪質な支配やふざけた謀略を一般の市民は望みません。

僕自身は権力による電磁波犯罪の被害で長年苦しんでいます。妄想ではありません。

裏権力、特に悪質な諜報機関等がデマを含んだ陰謀論を撒き散らして、一部の善良な市民を巻き込んで、実験的に集団心理を研究しているかのような研究があるように思いますし、一部は現実世界に反映されているように感じますが、第三次世界大戦はできない謀略なので回避するでしょう。回避すると信じています。




その夜の意識喪失と明け方の地震

2015年08月20日 は広島で大規模な土砂災害があって、75人の尊い生命が失われた日。

その夜の報道ステーションで、天気予報の後に意識喪失している。その後のNHKの時論公論が「広島災害の視聴妨害」だったことも関係あるだろう。見てツイートをすることができなかった。

「脅しについて1 世界とGeroと実験」の土砂災害のあった広島市安佐と下呂市小坂町の地形の類似 参照。下にも同様の写真を貼っています。

時論公論が終わったあとに意識が戻ったが、その直後に延々と胸に電磁波被害があり、死ぬのではないかと思うほどに苦しんだ。…無事です。

上の内容を「#asahi #報ステ #hst_new #tvasahi #NHK #時論公論」というハッシュタグをつけて2015年08月21日の早朝4:25に簡潔にツイートしている。


写真
土砂災害のあった広島市安佐と下呂市小坂町の地形の類似

この広島の土砂災害地区の航空写真の真ん中の小山の上にグランドがある。下の小坂町の航空写真の同じ場所にグランドがある。報ステの気象担当の林アナの出身高校の飛騨林間学舎[淑友館]がある。報ステ天気の後の電磁波犯罪による意識喪失の意味。

posted at 04:34:35

ツイート中の2015年08月21日 午前4時32分頃に地震発生。
4時38分気象庁発表
震源地は長野県中部(北緯36.1度、東経137.6度)で震源の深さはごく浅い、地震の規模はM3.8と推定。
小坂町は震度1だったが、ここでも家がグォンと揺れた。
地震兵器に反対
写真
posted at 04:54:06

広島の災害一年。人為的な災害と分かる情報を出したためだろう、人工地震が発生した。僕以外でこの情報を出すものはいるのか? 重要情報を出さないわけにはいかない。

この連投は貴重な証拠になるはず。
意識喪失後気付いてからずっと胸の一点に電磁波犯罪の被害が集中し延々と止まらなくて死ぬかと思った。延々と続いたように感じたが実際は1時間もなかったと思う。ツイートしだしたら、またさっきよりは弱いが被害がある。

とツイートしている。

地震兵器、気象兵器に反対
環境改変兵器禁止条約を使用すべき。

権力による電磁波犯罪の被害(用語説明参照)で長年苦しんでいます。妄想ではありません。


I object to Hitler and right wing.

I wish to liberal politics. But, I'm not gay.
For the avoidance of doubt.

I'm victim of Electronic harassment & Gang stalking.


一連のツイートと内容から、戦争法の推進が安倍政権のナチス化とみなされる可能性があることが分かる。僕をその関係で断罪しようとして失敗していることも分かるはず。僕はナチスとは正反対のリベラル左派の人間。多様性を重視するリベラルなのでLGBTに反対はしないが、僕自身は同性愛ではない。ナチスは同性愛者を処分しているが、その文脈で僕を罪に問うことも、日本のナチス化懸念の関係で罪に問うこともできはしない。

裏の権力が、ゲームのように電磁波犯罪、テクノロジー犯罪、集団ストーカー、メディア集スト、マインドゲーム(用語説明参照)、といった謀略を使っているが、僕はそれに自分から関与したことは一度もない。ただし、利用があることはわかるので、利用されないように細心の注意はしていた。僕は戦争法反対の意志は貫くつもりだが、それから引いた場合に何が起きるか、何を意味するかはわからない。少なくとも、悪の側にはならないようにしているし、そちらの側に立つつもりなど、たとえ知っていても最初からそうすることはないだろう。

再度書きます。

裏権力、特に悪質な諜報機関等がデマを含んだ陰謀論を撒き散らして、一部の善良な市民を巻き込んで、実験的に集団心理を研究しているかのような研究があるように思いますし、一部は現実世界に反映されているように感じますが、第三次世界大戦はできない謀略なので回避するでしょう。回避すると信じています。

電磁波犯罪、テクノロジー犯罪、メディア集スト、集団ストーカー、気象兵器、地震兵器、プラズマ兵器などを用いた一部の人間にとっては真実であるバカげた謀略に反対します。

全ての人が、どんな境遇にあっても、その人なりに精一杯、その瞬間を生きています。希望を失うこと無く生活しています。どんな状況に追い込まれようが、全ての人の命は等しく尊いものであり、他の人と同じように尊重されるべきものだと思いますし、社会がそういう前提のもとで運用されていることを信じたいと思っています。どんな生命も差別されるべきではありません。全ての人が等しく生きる権利を有しているはずです。日本国憲法は基本的人権を尊重しています。日本の権力は憲法を守るように義務付けられており、権力が憲法を尊重するなら、国内で人権侵害や迫害はないはずです。同盟国の軍隊や諜報機関も、国内では日本国憲法と国内法を守るべきです。

人権侵害に反対します。戦争ができない状況の維持を望みます。平和主義を希望します。

昨今の異常気象に対して、国連の環境改変兵器禁止条約の使用を求めます。
















ホームページ

@akejy

2015年8月21日、朝の飛騨川
river_150821_8.51.JPG
inserted by FC2 system