Eyes_in_the_sky
写真は150415に現れた空の目 2014.09.25 160806更新

メディア集スト(報道)

※このホームページの文章と写真等のデータ、及び僕僕のツイッター(リツイートした他者のデータ以外)、ブログの内容は、改竄がない限り利用フリーです。(このホームページには、HTMLを見てもらえば分かりますが、CGIなどのプログラムは埋め込まれていません。)


目次
はじめに
何が起こっていたのか
討論番組の利用
911のあとの小泉内閣6年 要注意情報
小泉内閣の後の可視化された利用。2006年〜
2008年のリーマンショックと日本の民主党とオバマ大統領の変革
2011年アラブの春と東日本大震災
2012年の危機
それ以降の見える化された脅し
現状はどうなのか?
最近(2016年7月)の状況を被害記録から

※このホームページの文章と写真等のデータ、及びツイッターの内容(リツイートした他者のデータ以外)は利用フリーです。



はじめに

※(140925)〜
ここでいうメディアとはテレビ、新聞、雑誌、インターネットなどの情報伝達媒体の全てを指します。

それらの媒体が集団ストーカー(用語参照)をしているように見える現象があり、僕は数十年来の被害者のようです。ただし、加害者に見えるメディアの側も実は操作されているのではないかということが、長年の経験と観察から、ほぼ確実にいえます。

直接的な証拠、特に被害者との関連で証拠を示すことは簡単ではありませんが、経験から分かるということは、たくさんの状況証拠を総合すれば姿が見えてくるということになります。僕との関連での証拠は、メディア集スト現象というよりも、純粋な集団ストーカー的かつ破廉恥な形で残っています。

それが自分と関係あるとの証拠を表に出したら公然わいせつ罪に問われる可能性があるので、公然と嫌がらせをしても大丈夫だと考えてのことでしょう。躊躇しましたが、刑法を調べて罪に問われない形で証拠を出すことを試みました。

ただし、罪に問われないだけで、犯人を特定できないという問題があります。それでも、犯罪自体の証明すら困難な中にあって、その存在を示すことには成功しているはずです。

下に出した写真だけではなく、普段メディアを通じて受けている被害を書くことも、被害を知ってもらうためには必要ですが、信憑性のある内容が書けるかどうか、実際に被害があることを信じてもらえるかどうかは、簡単では無さそうでした。

場合によっては、電磁波で脳を操作されて仄めかしをしている、メディア関係者がまずい形で特定できるケースがないとは限らないため、もしそういったことがあれば誤解や相手に対しての迷惑、場合によっては名誉毀損にもなり得ます。

破廉恥行為をしているのも、させているのも、それを計画したのも僕ではありませんが、女子アナとこの問題との関係は僕の脳が遠隔監視の仕組み(特許あり。用語参照)で読み取られており好みが反映されていることは否めません。僕や他の誰かのせいにして好き放題している組織がありそうです。

そういったことを固有名詞を避けながら、被害の傾向だけを書くことはいいのではないかと思い、実際に過去にいくらかツイートしています。

僕のほかの情報をと照らし合わせれば、この事実に気付く方も多いと思います。この犯罪の被害者の声が上がることを期待します。
〜※(140925)





何が起こっていたのか

この事態と僕との関係については、「脅しについて」【閲覧注意】を見てもらえばその実在が分かるはずだが、メディアを含んだ集スト現象がどのようなものなのかの説明は、そちらでは不十分のため、こちらに誤解を避けるために、過去の経緯を書くべきだと思う。(140925)

「天の声について」のページではツイッターに書いていたこの事態の背景にあると思われることの説明に終始しており、僕が「天の声」として利用されたことの実態は、「追記」のところに簡潔に説明を入れただけで丁寧に書いていない。ただ、僕自身にとっては「天の声」というよりも、メディアの集団ストーカーの被害でしかなかったので、それらの事柄に関してはこちらに記述したいと思う。(141004)





討論番組の利用

※(141004)〜
僕が「天の声」として利用されたと気付いたのは、奴らにとってのメインの利用?が終了した後だった。いまは奴らの一定の大きな利用=欧米の裏支配層によって日本の民主党政権による日本の再生を潰す経緯の中での一定の利用、が一段落した後だからか前の状況とは少し違うようだ。

僕は以前から政治・政策的には社民党〜民主党の範囲に収まる考え方をしていた。判官びいきというか弱者の側、小さい政党の側に立つ傾向があり、選挙のときは社民党支持で自民が暴走するときには公明党の抑止力に期待するというスタンスだった。いまと大きく変わりはないが、当時は民主党と社民党の関係が良好だった。いま思えば2000年代の討論番組では、民主、社民の若手政治家が僕がその時々で言いたいことをリアルタイムでしゃべっていた。

僕からすれば、自分の考えの方が先にあって、しばらくしてから彼らの発言がテレビでとび出す状況だったが、僕が誰かを操作しようと意識したことは一切ないし、そんなことができるとは知らなかった。偶然にしてはおかしいと感じつつも、心理学や精神医学をかじっていたので関係念慮があるのではないかと自分を疑っていた。しかし、僕の認知機能は極めて正常であり、そういった症状を呈する者にあるような論理性や現実性の欠如も、自分のおかれた状況や自分の考えが社会的に何を意味するのかを認識する能力の不足もないため、どう考えても関係念慮ではなかったことがいまならば断言できる。

それらの状況を説明することは、電磁波で直接脳に音声を送ったり脳を操作する技術が古くからあることを知ってもらわなければならない。表に出されない技術であるため知られていないだけで、音声送信などはそれほど高度なものではないようだ。脳の操作技術でさえ40年前に特許が出されているくらいであるため、スーパーコンピューターや高度なレーダー技術が発達した現状では、裏での利用に関して信じられないレベルに到達していると推測できる。その推測は僕自身の「天の声」として利用された経験からも事実であることを確信する。

民主党政権ができる過程では小沢一郎氏が検察の罠に嵌められていた。通常であればそういった政治家は起用しないことが鉄則であるにもかかわらず、メディアは政権の崩壊の可能性がある小沢首相を求めていた。どういうことだったのだろうか? いまは背景にあると思わしき技術と戦略の存在を知ったので、もしかしたらメディアの主要な人たちが電磁波脳操作されていたのではないかと疑っている。

日本は米国にとって国としても経済及び技術開発においても敵国であることがエドワード・スノーデンにより証明された。もちろん、過去の経緯から政治に関心がある層にとっては当たり前のことが明確にされたに過ぎない。

民主党政権においても、トロイカといわれた菅、鳩山、小沢という三人の関係に最初の段階から溝ができており、国家戦略局を担うはずだった菅直人氏は閑職的な立場におかれていた。小沢氏は検察により手負い状態であり、鳩山氏は米国でルーピーといわれていたように普通の状況ではなかった。明らかに電磁波犯罪の被害にあっていたことが、いまとなっては理解できる。

米英の裏権力は常に敵対勢力を分離させる戦略をとっている。そのため電磁波の対策をしなければ、何をしてもうまくいかないことが推測される。奴らの戦略は僕のような民主党よりの中道左派が、民主党に対して電磁波の加害行為をしているかのように見せかける悪質な利用の仕方をしていた。もちろん僕はそういったことには何も関与していないどころか支持をしていたので、知らないままに利用され一歩間違えれば葬られかけていたということになる。

そういった利用が可能だったのは、やはり信じ難いことかもしれないが、電磁波で脳を操作する技術が存在するからだろうことが、操作された僕自身の経験とその驚異的な技術の存在を裏付ける古い技術特許の存在があるからに間違いはない。僕自身、まさか操られているとは気付かずに、言い間違いや調子のいい発言がとび出して、おかしいなおかしいなと思い続け、次からは間違えないようにと注意しても何かおかしな状況にあり、それから逃れられないという経験をしている。
民主党側からすれば味方を敵と思わされて、そこに意識を向けたがために、本当にすべき対策を見落とすという結果となったのではないだろうか。

最近では僕が非自民であるというネタバレが(もしかしたら既に知られていて利用されていたのかもしれないが)自民党の政治家に伝わりだしており、朝日新聞や民主党にも何らかの真実が伝わっているように感じるが、それは僕がネットに書き込みだしたからなのだろうか? それともそれすら計画的に電磁波脳操作された結果なのだろうか。
〜※(141004)






911のあとの小泉内閣6年 要注意情報 150428に初記入

2015年04月28日(火)のツイートから
昔、討論番組を見ながら独言で第三者の意見を「〜なんだよね」とよく言っていた。
多くは自分とは反対の意見や好まない考えだったが、あくまで第三者の意見なので特に否定はしなかった。
確認はできないが、#天の声 として利用された可能性がある。
当時も#電磁波脳操作(ホームページの用語参照)で僕を操っていた者がいたはず。
#電磁波犯罪に反対
posted at 13:48:36


150428記入 ※〜

ここに、過去1年ほどのツイートを入れるにあたって
当時僕は小泉改革自体には反対でしたが、にもかかわらず、何も知らずに「何らか」の利用をされていた可能性は捨てきれないと思います。
この時期は、日本で様々な改革が行われており、その多くは派遣労働の規制緩和や、緊縮財政による福祉サービスのカット等、国民にとっては厳しいものばかりでしたが、一般的にはバブル崩壊後で行き詰まった国の立て直しに期待がされた時期でもありました。バブル期の内需拡大策として実施された過剰な公共事業を縮小し、不良債権処理を果たしており、その過程で多くの血が流されたはずです。本来は左派よりの優しい改革を同時並行することで、流血の事態を回避して、改革をすることも可能だったのでしょうが、支配層にそういった概念はないようです。きられた人の痛みを支配層(小泉元総理とは限らない)が味わったなら、人並みの共感力があったなら、誰にも憎まれることもなく、それどころか皆に感謝されて、将来ナンバー1の座を失ったとしてもも世界中から慕わられたはずです。長期的には間違った改革をしているということです。

実際のところ、当時の詳細な記憶は失われており、自分が政治利用されていた可能性に気付くこともなかったので、特に記録も残していないため、正確な検証は不可能です。ただし、政治利用に気付いた後であっても、自分がどのように利用されたかは、こちらからは分からないため、どちらにしても正確な検証は、関係者全員が記憶を完全に持っていて誰も嘘をつかない条件で集まって、その時々の検証をしなければ不可能であるため、権力側の情報開示でもない限り何があったかはわからないままになりそうです。

少なくとも、いまから遡っても、各論では何もわからないので、総論として僕がどうだったかというポイントを書いているので、そこに関しては以下のツイートを参照ください。

それにあたって、小泉元総理がどういう位置づけの政治家であるかは、基本情報として知っておくべきです。


清和会:福田・小泉・安倍(アメリカに有利な政策をするためCIAの資金援助を受けて、米国追随と言われる方。比較的共和党に近い新保守政策を日本にさせる。福田さんは民主党的。)
経世会:角栄・竹下・橋本・小渕(アメリカ偏重というよりはヨーロッパやアジアとも外交関係を築くべきという思想で、失脚させられても頑張る方。米国だと民主党の価値観に比較的近いが、関係が深いといえるかは疑問。それが日本が国際的に厳しい立場にある理由の一つだろう。)

ここの項目に間違いがあれば連絡ください。確実に伝わるのはツイッター@akejyです。それ以外のメールなどは伝わる保証がありません。)



いまのところ、妨害にあっているため、ツイートの羅列だけしか出来ていません。後に整理することがあるかもしれません。

〜※150428




2015年04月11日(土)のツイートから
80年代のバブル経済のときに日米貿易摩擦により、日本は円高と公共事業の拡大による内需拡大策を受け入れた。そのときに、無駄な公共事業が膨大に増え、ケインズ派の自民党政治家が力を付けたが、無駄な公共事業が問題になった。これが罠だったのは、いまは明白。

小泉さんが現れ「自民党をぶち壊す」「抵抗勢力が悪い」と言って公共事業を削減し、ケインズ派が淘汰されていった。淘汰された側は新自由主義を批判する穏健派であり、平和主義者でもあった。これらが日本の再武装や新自由主義の導入のための長期策とわかる。
#tvasahi #gekiron
posted at 11:02:34

竹中平蔵さんはグローバリストが日本に新自由主義を導入させるための道具として使われていた人なのは有名な話。説明が簡潔明瞭だったので反対派も同じように分りやすく話せばいいと思っていた。僕はネットで竹中さんの主張を読んだときは批判的だったがテレビで彼はその批判をすべて避けて喋る。#重要
posted at 14:32:17



2015年03月29日(日)のツイートから
妄想と思われるだろうけど昔 #天の声、#天の声現象 があった。
#メディア集スト、#メディア集スト現象 の一環で政治利用を含めた #人体実験 だったのだろう。
経緯は書けていないが、背景だけは「天の声について」にある。
僕は中道左派で格差是正の立場。
#重要 #超重要
posted at 17:12:00

政治討論番組をよく見ていた。意見が近かったのは辻元清美さん。枝野幸男さんもときに意見が重なった。十年以上前の話。最近は多少違うかも。当時は、少なくとも討論番組では#電磁波犯罪で相互に脳同期されていた可能性がある。
昔、小泉さんが「自民党をぶっ壊す」と言っていたのは#電磁波犯罪での脳同期の影響だったかもしれないが当時の国民の総意でもあった。
彼は「総論賛成各論反対」と言っており、僕はタカ派を潰したかったのに実際に潰されたのはハト派。各論が反対になるのはアベノミクスや平和主義等いまも同じ。
小泉さんは、最近(東京都知事選で)脱原発をするために細川さんを担ぐ前に社民党にいっていた。
同期がまだあったのだろうか?
僕の意図が誤魔化された総論となり各論で逆になっていた。何らかの #人体実験 や #社会実験。僕は無実で何も知らない被害者のまま、加害者かのように使われていた可能性がある。
この経緯が「20世紀少年」というマンガで #仄めかし されているが(下の予言と破綻の回避を参照)、僕が「ともだち」に見えて、その代わりにされていた「ケンジ」の立ち位置に近いことが分かる。

補足 総論賛成各論反対の例

 僕は #格差是正 を主張し金融緩和するなら再分配
   ↓
 安倍内閣のアベノミクスは格差拡大

 僕は #平和主義
   ↓
 安倍内閣の積極的平和主義は戦争参加

#天の声 #天の声現象 #メディア集スト #メディア集スト現象 #電磁波犯罪 #電磁波脳同期 #重要
#最重要
posted at 17:42:39





※〜 (160713追記)

小泉内閣のときに、アベコベな感情操作があって違和感だらけだったが、あの操作は誰がしていたのか?

僕は馬鹿ではないので、小泉内閣の不良債権処理は評価したけれど、労働改悪や福祉カットには反対していた。

なのに感情は怒りをなくされていた。

例えば、この政策は○□△なんだよね。と批判的に言ったつもりが、なぜか肯定の口調になって困惑したが、弱さではない。あの当時はブッシュとネオコンと偽テロ戦略を猛烈に批判していたので弱くて勝手に自己規制するみたいなことはあり得なくて、当時は人の感情や言葉などを操作する技術があることを知らなかったので、ただただ困惑しつつ、何だろうと疑問に思うと同時に記憶が抑制されていたので、結局そのまま流していた。

僕はリベラル派には賛成するが、ネオコンもネオリベも反対していた。ただ、当時はもしかしたらネオリベへの反対は感情抑制されていたかもしれない。

当時の社民主義とリベラルと保守とネオリベが混じった旧民主党に近く、僕の考え方は基本的に社民主義〜リベラルの範囲だったので、逆に同期されたような状況か、もしくは自民党の上げ潮派の影響があったかもしれない。

ただし、繰り返すが僕自身は戦争屋ネオコンに反対するのは当然として、ネオリベ経済の格差拡大にも反対していた。

少し上の記述と矛盾するようだが、テレ朝系列の朝生討論などをみているときには自分の意見に近いことが抑制もなく言えたが、サンプロ(サンデープロジェクト:テレ朝)だとやや抑制があったはずだし、時々みていた報道2001(フジ系列)だと巧みに乗っ取られていたはずで、違和感も気を遣う感じも大きかった。いま考えると一部の出演者には騙されていた感が大きい。

ただ、視聴率の高い日曜朝の番組は、ただ見ていただけが多かった。自民党政権だったからだろう。

自分らしさを感じたときは、深夜の朝生討論(テレ朝系列)と、稀に開かれた筑紫哲也ニュース23(TBS系列)の討論のとき。それから、民主党政権時代のNHKの討論系番組全般。

旧民主党政権時代になると、メディア集ストがあることがわかっていたので、積極的に自分の意見を言った。そこの経緯は、脳同期者が与謝野馨さんかあ仙石由人さんに変わっていった過程な気がする。自民系で民主閣僚もした与謝野さんの脳同期は違和感と抑制が多少あったけれど、仙石さんのときは少なかった。枝野幸男さんがその中間くらいで、辻元清美さんだと違和感が小さい。僕の価値感がわかると思う。要するに弱者救済の観点が強いということになる。

番組によって、その日によって、同期者が異なり、安倍政権の方のひとだと裏にある危険性は十分認識できている。彼らが危ないこともよくわかる。ただし、同期された間は危険な統制や支配が善意によるいいものに感じられるから怖い。同期が外れて戦慄を覚えるが、自分の考えだと思っているので、自分フィルターで保守系の危険な独裁だって人道主義で弾圧なんてありえないタイプの社会主義のようなイメージに入れ替わるから不思議だと思う。ただし、僕は独裁に反対している。その当時のその時の感覚や政策の目的から自分の価値感を引いた場合の危険性のことを言っている。要するに、彼らは自分の意見が絶対に正しくて他は邪魔という保守支配の価値感があり、そこに軍事技術が混じっている。

逆に保守系が左派を危険だと言う場合は、独裁だからというのは保守も独裁をするので嘘であり、保守独裁と異なり、社会主義独裁が経済を規制して労働者を守り、大企業と資産家に増税をすることを、支配者の側が危険視しているという支配者の文脈での懸念であり、古くからの歴史が証明しているような支配的価値感があるだろうけれど、支配者が落ちた場合に粛清されることを最大に恐れているのだろう。

もちろん右翼の中には天皇を戴く左翼制度を志向する理想主義が含まれるので、そこは社会主義独裁と大きくは変わらない可能性もないわけではないが、左派系ほどは民意や市民の価値感を重視しないので、弾圧の懸念は左側より大きくなる。

だから、独裁や全体主義には反対し、民主主義を通しての富の再分配と格差是正を要求するのが正しいと信じている。



補足

これを書いているときにCSで欅坂46の曲が流れてきた「世界には愛しかない」らしい。世界は感情という単純な仕組みで動いているらしい。感情操作なら簡単だからだろうか?

keyakisaka46を分解するとkey(ケイ)、aki(アキ)、s、aka(アカ)、46(阪神大震災と東日本大震災の発生した時間が○時46分)

阪神・淡路大震災 1995年(平成7年)1月17日5時46分 《46分》  1月17日→1+17=18=6+6+6 《666》
東日本大震災 2011年(平成23年)3月11日午後2時46分 《46分》 2011年3月11日→2+0+1+1+3+11=18=6+6+6 《666》

天の声について に、666のことは書いているけれど、そこを記述した当時(2014)はまだ神通力みたいなものというか、裏権力に要求を通してもらえるかもしれない権限みたいなものがあるような気がしていたので、666をビーストではなく、アジアにおいてはミロクとして利用してもらえないかという希望を書いている。万が一でもそうなれば、日本とアジアおよび世界の平和に大きく貢献すると考えた。

ただし、そういったことで多くの人命が失われるなら非常に嫌らしいし、ある意味において馬鹿らしいあり得ないものだけれど、地震兵器というのは事実らしい。僕は人道主義に基づいて生命を救いたい。国連の環境改変兵器禁止条約(1977)は使えないのか?

ケイとアキがアカなら震災ということなので、社会主義という左翼ではなく、民主主義、リベラルという赤ではない平等思想を重視している。

アキは僕だとして、ケイが旧友なのか、女子アナなのかは分からない。

昨日(160712)の被害記録の中にヒントがあると、意識操作で気付かされたので下に引用する。

「早朝なら大丈夫かと思って、朝5時から30分だけNHKを入れたりするが、女子アナが好みだからであって報道目的ではなくなっている。まるで、報道目的で見ていたら好きな女子アナをメディアが出している状態から、僕が女子アナ目当てでテレビをみる馬鹿にされてしまった感じがする。そういえば、昼食の前に脳操作でモーニング娘のラブマシーンを歌わされたが、この曲はクセモノで、「日本の未来はWAR(戦争)、WAR、WAR、WAR」となるので、僕が遠隔操作に介入して「No War」とNoを入れて、「世界が羨むイェー×4」も「イェー」を「いいえ」にする。なんでこんな状況なのかと考えたら、早朝に女子アナをみたら、それがモーニング娘だと遠隔操作加害者は言いたいのではないかと思いついた。でも、好きな女子アナに対して悪いけれど、30歳代の女性を娘とは言えないと思う。だから、戦争なんか起きない。そういう馬鹿げているけれどツライツライ日常を何とか送っています。」(引用終わり)

その女子アナが慶子という名前であることが偶然のはずがない。同時に、テレ朝にも慶子アナがいて、NHKの彼女と似た外見のタケが付く女子アナと一緒のサッカー番組に出演している。その二人の顔を足すとNHKの慶子アナに似ている。皆、向こうから情報がやってきた女子アナたちだ。

ちなみにこの赤という色の仄めかしには、僕の否定の意味が含まれることがある。過去に別の女子アナに顔を振られまくったあとに東日本大震災が起きている。その女子アナとも色々と縁がある。

他に赤の意味には左翼だけでなくナチスが含まれていて、ナチスとは国家社会主義ドイツ労働者党の略であり、右翼ではあるが国家社会主義である。
ナチスにも右翼にも反対している。左翼独裁にも反対している。

社会主義の理想は民主主義を報道の完全な自由と企業団体献金の禁止の元で行えば代用できると考えているが、それはこの脅しの下では社会主義ではないと考えたい。

民主主義やリベラリズムは世界的にみれば社会主義との対比で赤の属性ではないと思う。社会主義ではなくても格差是正はできる。


補足2

過去に(いまでも?)僕の加害者が、中道左派リベラルの僕を保守系に見せようと躍起だった。元々がそういう位置づけで利用するつもりだったのか、それとも方針が変わったのか、単に首相の方針に合わせさせられるからかは分からない。それで、僕を保守に見せられるかと考えたが、例えばニュース23のキャスターだった筑紫哲也さんは、朝日ジャーナル出身でリベラル左派の言論人だった。

司馬遼太郎氏と親交が深かったことは知られていて、歴史と野球とが好きなことも有名だった。司馬史観は右翼からみたら左だろうし、彼が好きな野球チームは市民団体である広島だったが、そういう細かいことや肩書がわからなければ、裏で歴史と野球が好きな保守のおじさんに彼を見せることは、僕を保守系に見せることより容易だろう。

(僕は労働者(左派)のスポーツであるサッカーが戦術的かつ技巧的なので好きだし、歴史は嫌いではないけれど、祖父が生きていた頃に大河ドラマ(独眼竜政宗や武田信玄)を見たり歴史小説を読んだことはあるし、読めば面白いけれど、いまはそれほど好きでもないと思う。何より底辺に落ちているので、どう考えても無知ではないこともあり右翼に騙されることもないし、どれほど苦しくても富の再分配と福祉充実及び教育無償化は要求するので左派の類いにはなる。ただし、マルクスとは縁も所縁もなかったので、リベラル左派止まりであり、ビジネスに関して労働規制をしっかり守れば、その他は規制を緩めた方が、結果として発展するので、そういう観点から中道色が混じることになるのではないかと考えている。だから中道左派リベラルという言い方を最近は好んで用いている。上の文脈もあり、真っ赤ではありません。黄色(リベラル)や緑(環境保護)の範囲で捉えられるし、赤くない左派系としての民進党や社民党が青であるを考えても、共産党がやや青くなっている昨今(2016)の事情を考慮しても、僕程度の左派系は赤くはないと思う。災害はあり得ないと考えたい。)

筑紫哲也さんを保守扱いしたら笑われるか、共産党の人間と思われるだろうけれど、声や意識だけなら誰かわからないので、そういう人ですら保守に見せることは可能なのだろうということだ。

僕が必死に保守を否定するのは、それが安全だからではなく、僕自身が保守性があまりないからだし、それ以上に安倍政権のトンデモ政策を僕のせいにされては堪らないということが大きい。どちらを選んでもリスクがあるなら、自分を通そうと思う。

ちなみに筑紫哲也さんのニュース23を2006年くらいから見なくなって(見れなくなって?)いて、たまたまではないだろうけれど、そのときは安倍政権だったが、翌年にガンを患われて後に亡くなられている。僕が見なくなってから病気になる人は、僕に近い著名人が多かったのが恐ろしいが、誤解されていたので、誤解を解けばいいのか、誤解は関係ないかすら分からない。


補足3

ここを記述した日(160713。この頃はテレビ、特にニュースを見ないように意識している。)に、見るつもりのなかった夕方のニュースを何故かつけた。シールズの愛基くんが中継で生出演していた。シールズを終えるとのこと。

脱原発デモ(アジサイ革命? 家の庭にアジサイを植えていて、写真を撮ったりしていた。僕は当時もかなり踏み込んで脱原発を言っていた。)のときも、テレ朝系の番組に中心メンバーが出演して、その後にデモが引いていったように見えた。政権交代で、メディア上では原発デモがヘイトスピーチデモに打ち消されるような戦略をとられて悔しい思いをした。

アラブの春のときも、BS1のグローバルディベートWISDOM(この番組は妨害されて僕が見れなくなったら終了した。サンプロの枠と同じ。)でリベラルな学生グループのリーダーが出演して、そのときに長期間やるつもりがないと言っていて、アラブの春が収束していった。

今回もその状況で、結局裏が人を操ってやった戦術(始まる前に僕も操られていたのかもしれないが、僕がそういうことを主張していた。)を終了させるときに、僕に関与させるのは同じみたいだ。

〜※(160713追記)





#天の声 #天の声現象 で利用されたのは2006〜11年。
もう天の声ではない。
05年まではさっき書いたように #電磁波脳同期?
12年以降は #電磁波犯罪 被害が酷かった。
被害はずっと。#重要 #超重要

報道の自由度ランキングWorld Press Freedom Index

(ツイッターで出回っている画像を借用します。)
posted at 20:53:10


※〜 (160712追記)

上のグラフから分かるのは、報道が自由だと汚職や批判報道により、総理大臣はすぐ変わってしまい、平和主義を壊したり格差を広げたり、労働規制を緩和して労働者保護を壊したりするようなトンデモない政治をしても、報道統制をすれば長期政権になることです。中曽根内閣も長期政権でしたが同じ状況があったかは分からないものの、小学生の時の夏休みのワイドショーの下らなさは、小学生でも辟易とした記憶があります。

日本に本当の民主主義はあるのでしょうか?

報道の自由度に関しては、朝日新聞が最新の推移グラフを出しているのでそちらが信頼性が高いものです。


出典
:朝日新聞 2016年4月24日 「報道の自由、海外から警鐘 NGO「対首相で自主規制」 」

上の写真付きのデータと朝日のデータで政権がずれていますが、写真付きの方は報道の自由度が発表されたときの政権で、朝日の方は政権の期間を考慮したものだと思われます。

第一次安倍内閣は2006年9月26日に始まり、改造を含めてちょうど一年後の2007年9月26日に終っています。小泉内閣により悪化した中国との関係を就任早々に改善しており、2016年のいまでは考えられないスタートでしたが、報道の自由度の算出手法がどういうものかわかりませんが、その時点では右翼にも関わらず好感のもてる内閣だったのは確かです。その後、教育基本法の改悪に進み、派遣法改悪と残業代ゼロ法案といわれるホワイトカラーエグゼンプションというトンデモ政策を試みようとして、世論の猛反発にあって体調を悪化させ退陣しています。

このことから報道が自由なら悪い政治は止められることがわかります。

例えば、NHK(ネットサイト)の報道で2016年7月10日の参院選において「自民比例得票 15年ぶりに2000万票超える(7月11日 15時27分) 自民党の比例代表での得票は2011万票余りとなり、小泉内閣の時に行われた平成13年の参議院選挙以来、15年ぶりに2000万票を超えました。」とあったが、現状の政治状況において、報道の自由度が72位であることを考慮しなければあり得ないことだと思う。

安倍政権は改憲の意図を隠して選挙を闘っていたが、改憲は人気がなくなるからだ。同時にアベノミクスを前面に出していたらしいものの、この経済政策は国際的にも国内の実情においても既に失敗の烙印が押されていることをメディアは十分に報じていない。格差は拡大し、雇用は増えたといっても非正規がやたら増えていて実質賃金も大幅に下落している。旧民主党政権3年間での平均経済成長率が1.7%だったのに対して、安倍政権の3年の経済成長率の平均は0.8%でしかない。報道が機能していたら、安倍政権は大敗している。

ちなみにネットの方は一見すると自由に見えますが、それ故にデマが流されます。テレビ報道でさえデマとまではいかなくとも、報じるべきことを誤魔化すような圧力があるようです。報じたとしてもサラッと流すことが多く、闘って見える局ですら、その演出が精一杯で、実際のところは民主主義を破壊する行為を為政者がすることを批判すると、放送法4条にある公平な報道に問題があると、権力側が申し立てをしてきて、その上でネット右翼が電話で批判攻勢をしているため、それらの対応に追われて、結果的に自主規制のようになっているらしいです。報道に関する苦情なんかは多い方が誇りであって、徹底的に権力とは闘えばいいと思いますが、電磁波被害があるのでしょうか? 自民党がニュースを事細かくチェックしていて、ネトウヨをJ−NSC=自民党ネットサポーターズクラブという組織により操っているとのことです。(週刊朝日特別号で一時復刊した朝日ジャーナル及びそれに関する記事「 池上彰がテレビ局の「忖度」の裏に安倍政権の圧力があることを明言!「テレビ局には連日、抗議と“電凸”」が圧力」 LITERA 2016.07.06より) ネトウヨのいくらかはテクノロジー犯罪の電磁波脳操作が背景にある集スト関係の被害者かもしれません。被害を逃れるために右傾化している人もいるのでしょう。僕は絶対に右傾化はしません。中道左派リベラルを維持し続けます。そういう人は保守権力が直接利用できないから潰したり社会的排除をしたり、潰して本人に関係なく偽旗的に利用しているのなら、それには反対します。(脳抑制で書けなかったので追記。そういう事情から、テレビ報道は極力見ないようにしています。)僕自身は自由・平等・平和・公平・人権・民主主義を重視している中道左派というだけです。

そういう状況なので、何が本当かは常に疑問を持ちつつ、慎重に判断する必要があります。

ちなみにしばらく前にネットで流通していた最初の3年間がデマの報道の自由度です。

デマと分かるように赤の打ち消しラインと説明を後から入れています。

ネットは自由だけれど、こういうものが出回るので、新聞や信頼できる識者情報など、事実を認識するために必要な基本情報は見ておく必要があるでしょう。

グラフは2004年までデマがなされていますが、2004年は僕のうちの周りが巨大台風で川の様になったときです。そのことに関しては脅しについて5に書いています。もしかしたら、それに関して僕が誤解するようにデマを意図して裏権力が流して、僕の信頼性を落とそうとした可能性も僕のメディア被害状況下においてはないわけではないと思われます。

2004年に我が家が浸水被害に遭遇したときには、直前の政治の動きは、イラクに自衛隊を出すイラク特措法や労働者派遣法の改悪でした。僕はそれらの法律に反対していました。権力による弾圧がある状況証拠です。

テクノロジー犯罪で使われるストックリン特許技術のマイクロ波聴覚効果による音声送信やメディア集ストの状況から、いまもアンチ安倍政権なのに、安倍政権の側と誤解するひとがいるようですが、実際は誤解ではなくて裏権力側の謀略なのかもしれません。

というのは、当時も小泉内閣には反対する政策が多かったのに、僕が小泉内閣を応援していると誤解する者がいた可能性があり、そういう人の意識を集ストシステムに連動させて僕に災害という形で報復しているように音声送信や意識操作で見せて、実際は権力の裏が小泉内閣に反対するもののところに気象兵器で加害をしていた可能性があるということです。

権力による弾圧を誤魔化そうにも、無理があるので結局は弾圧が存在する事になります。

国連に環境改変兵器禁止条約(1977)があるように、気象兵器や地震兵器は実在します。ネット検索すると、成功前までは実験が読売新聞で報じられていたことが分かるはずです。

その他、テクノロジー犯罪の脳操作は信じてはもらえにくいが、ブレインマシンインターフェースの研究が、脳の操作を事実として可能なものにしており、最先端のレーダー技術がより高度な操作の可能性を示唆している。裏で利用されている技術であるため、一般の科学では扱われないらしい。無断で一般人で人体実験されているらしく多くの被害の訴えがネットにもある。僕などの被害者にとっては、日常でも被害が多いので、脳操作妨害が当然のものという認識になっているが、一般には信じてもらえない。

このページは一見すると情報が多いように見えて、脳操作被害がいまより酷いときに記述しているため、信じてはもらいにくいものとなっていて残念。いまでも、当時のことを思い出して書こうとすると、テクノロジー犯罪のビリビリとした電磁波被害を伴う脳抑制により、上手く書くことができない。



それからこの下にある記述はおかしいことを書いていると思われるかもしれないけれど、メディア集スト(エンタメ)予言と破綻の回避にあることの補足です。

〜※(160712追記)



さっきの変だけれど非常に危険な妄想というか現実というか陰謀の真実の続き。
「ケンジ」とは年齢層が違うがそれは作者との年齢差。僕は大阪万博(70)でなく、つくば科学博(85)に行きたくていけなかったが、岐阜中部未来博(88)と飛騨高山博(88)ができたので行った。#仄めかし #重要
posted at 18:06:55

前の「20世紀少年」の #仄めかし で悪役「ともだち」は、#陰謀論 でいう左派的に扱われていたが実はそれが #陰謀 の #デマ のところで、本当は日本においては右翼権力が「ともだち」の世界侵略。安倍さんの内閣は「ともだち内閣」と繰り返し言われていた。米軍は「ともだち作戦」。#重要
posted at 21:02:52

「20世紀少年」自体は何らかを #仄めかし たのだろうけれど、僕が小学生の時に基地をつくったこと、予言本を読んだこと、タイトルの曲を好きだと96年に書いたこと、万博、何個か重要なエピソードが重なるので、#マインドゲーム #メディア集スト の一種程度の認識で十分だろう。#重要
posted at 21:20:07

#メディア集スト の中で、テレ朝に誤解され #赤ペン で否定され続けた。悪とデマを流されたケンジ的扱いか? NHKにも否定されていたが、途中から誤解が解けた。
カンナが「走り幅跳びは6メートル13《高2のとき》」とウィキにあるが僕が高2のとき7m程飛んだ(男子高校生の平均は4.8m)ことと重なる。#重要
posted at 21:30:00




2015年03月18日(水)のツイートから
公安とFBIが小泉内閣時代に共同研修をするようになったと記憶している。
秘密保護法は日本のためではなく米国の秘密を守るためという特殊な法律であること。
指紋情報を日米で共有するようになること。
#電磁波犯罪 が日米で存在。
警察、CIAが冤罪を作り続けたこと。
前のRT群
#重要
posted at 13:08:07



2015年02月28日(土)のツイートから
小泉内閣のとき、この選挙区の金子さんが重用されていた。#天の声 があったかはわからないが小泉内閣のネオリベ政策は支持していなかった。当時小泉メルマガも読んでいたが、植草一秀氏を養護するメルマガも同様に読んでいた。田中宇を読んでブッシュ批判ばかりしていた。いま地震。#重要 #集スト
posted at 17:44:59

2014年10月25日(土)のツイートから
クールジャパン戦略 ふつうが面白い #nhk_fukayomi
2002年に失われた十年が言われたとき、日本はGNP=国民総生産が伸びなくてもGNC=国民総クールがあるという論文が発表された。当時の小泉内閣が知的財産戦略本部でクールジャパン戦略をはじめ、麻生内閣で戦略性を強めた。
posted at 08:53:57




予定






小泉内閣の後の可視化された利用。2006年〜 150428に初記入

2015年01月30日(金)
僕は昔からネオリベには反対。騙されて #天の声 を無自覚にしていたとき、#電磁波脳操作 され救世主妄想に取り憑かれて、竹中さんや中川秀直さんのようなネオリベの人たちの政策を第三の道を経由して社会的市場経済に変えられると思い込んだ。
#重要
#電磁波犯罪 反対
#誤解を避けるために
posted at 02:48:46

保守系に社民政策とは格差是正のこと。#電磁波犯罪 で操作されて #天の声 を無自覚にさせられていたとき、#電磁波操作 で救世主妄想に取り憑かれ竹中さんようなネオリベ系保守の政策を第三の道を経由して社会的市場経済に変えられると信じた。皆が幸福になるはずだった。
#誤解を避けるために
posted at 14:18:57


2014年07月23日(水)
#リーマンショック の半年程前にテレビ政治討論番組で天の声として竹中平蔵さんに、バブルが弾けるのでその主張はババ抜きのババだと警鐘。結果としてリーマンショックが起き予想は当たる。その後WBSにトヨタの渡辺社長が生出演している時に僕が主張した対策は無視されたが2年程後の新方針に類似
posted at 15:32:53



2014年12月26日(金)のツイートから
#天の声現象(HP参照)のときテレビで金子勝さんと竹中平蔵さんが論争。竹中さんは政策の決定に近いところにいるので、彼のコラムをネットでチェックしていたが、彼がテレビでしゃべることはほとんど僕の批判を避けた部分。逆に金子さんは冷静に盲点を衝くのではなく感情論。
#電磁波犯罪 反対
posted at 15:52:58


2014年11月30日(日)のツイートから
#天の声 で利用されていたと思われるとき、テレビで竹中平蔵さんは僕の批判を全て避けてしゃべっていた。逆になぜか金子勝さんが僕が批判する方のことをわざわざしゃべるので批判しないといけなくなる。彼らが #電磁波脳操作 で逆の印象になったということ。今日は橋下徹さんが批判を避けていた。
posted at 10:39:20

竹中平蔵氏と橋下徹氏に共通するのは新自由主義的であること。小さな政府や民営化、(アメリカナイゼーションの方の)グローバリゼーション、市場原理主義であること。
共和党側の #ネオコン の経済政策であり、新自由主義に批判的であるはずの民主党側のロックフェラー家の戦略でもある。
posted at 10:54:15


2014年08月20日(水)のツイートから
#天の声 利用のとき、コラムを読んで竹中平蔵氏の批判を呟いたが、彼のテレビ討論出演時、彼は僕が批判する内容を全て避けていた。なぜか金子勝氏の失言の矛盾を指摘せざるを得ないという逆利用。#電磁波脳操作
→「安倍・竹中の行った売国政策 http://dlvr.it/6g2mqc」
posted at 16:49:41



150506追記 ※〜

 【重要】 天の声? 北欧? 民主主義? 平和主義? 理想? 妄想? 現実?
  2015年05月04日のブログ(及びミラーブログ)から


僕はかつて、いまの世界は国家指導者感ですぐに連絡がとれるため、近代国家間の戦争は起こりえないけれど、内戦や災害はまだあるので、自衛隊を援助隊に衣替えして、平和国家として近隣国と連携するような、安全保障における日本国の未来像を描いていました。

朝鮮半島やアセアンの国と連携して、北欧の国やその他の中小国家と共に、非核非武装の平和地帯をつくるべきで、この構想であれば、中国が台頭しても、米中両大国が直接対峙することなく、間に緩衝地帯が生まれて、全てにとってメリットがあるアイデアだと思っていました。

もちろんそれらの平和国家による連携は、米中露などの軍事国家とも平和的に外交を維持し、連携することで超大国とも台頭な平和外交ができることを理想としていて、この考えは、超大国側の戦争と対立を望まない一般の市民や平和的な指導者も支持が得られるもので、戦争と破壊までは望まない軍隊や軍需産業のなかのハト派にとっても決して悪いものではないと考えられるはずです。

内政においては、北欧社会をモデルとしていました。経済が停滞することのないように、自由経済を取り込みつつ、国の役割である教育医療福祉、治安や最低限のインフラ整備は国がしっかりと計画的に公平で透明な形で実施するような平等な社会を理想として考えました。

決定の過程は公開され透明な形で民主的な手続きで行われ、弱者は保護され、貧困はなくなり、社会は発展していくという理想で、日本でそのシステムを構築すれば、おそらく破綻することなく上手く機能する可能性が極めて高いだろうと推測してのことです。

その理由に、日本文化の背景にあるアミニズム的多様性と仏教的柔軟性や平等性が上手く機能すると考えたからです。阻害要因としては儒教的な専制を前提とした価値観や、新自由主義のような個人の自由と権限ばかりを主張する思想が考えられますが、多くの市民が好まないものであれば、本当の民主主義を実施する過程で、民主主義としては好ましくないものとして淘汰されるはずだと思っていました。

この考え方は、社会が世界的にリベラル(社会自由主義的思想)化していた2008年頃には、当時なぜか天の声という形で利用されていたと思われる僕が主張していたときには受け入れられていたように感じていました。

ただ、主張がこの電磁波利用の世界の中では、そのまま伝わっていたかは甚だ疑問で、何らかの裏利用があったことが推測されます。どのような利用があったかは、僕の立場では推測する以上のことはわかりません。

おそらく、次世代の党の側が、天の声というかメディア集ストの状況で誤解してフレンドリーだったので、僕のリベラル左派な意見から、保守系にとって都合の悪い部分を何らかの形で省いて、場合によっては付け足して利用していたのではないかと考えられます。

次世代の等の場合は、近隣国と対立したまま、米国からの独立になるので、日本は孤立します。頼みの綱はロシアでしょう。日本の経済力と技術、ロシアの軍事力と資源、双方が欠如を補いあうことが可能で、孤高を保つことができるということです。ただし、保守系の思考の背後には核保有と軍事強国というものがあるので、そういった思想そのものに僕は共鳴できません。

もしかしたら、天の声をしていたのは僕ではない別の人で、その人に同期されての意見が、僕の価値観フィルターで左派の理想のような者に変化していた可能性があります。

もしそうであるなら、僕は天の声としても、見せかけで利用されただけになります。僕の理想的な北欧をモデルとしたビジョンが伝わっていた感触は当時確かにありましたから、そういった内政の部分が伝わっていた人と、外交安全保障が歪められて伝わっていた人がいるのかもしれません。

そういったことの検証を、メディア等の関係者を通じてできたらいいと感じますが、電磁波犯罪、テクノロジー犯罪の加害者組織の妨害により、させてはもなえないでしょう。何が事実であったかの本質は、僕の立場でしか僕には知ることはできません。それが残念ですが、これらは決して妄想などではない現実の話であり、何らかの戦略、もしくは実験の一環として利用されたことが確実にいえることであることを信じて頂きたいのです。

〜※ 150506追記









2008年のリーマンショックと日本の民主党とオバマ大統領の変革


以下の「天の声について」の結論部分は、2014年12月6日のツイッターの記述です。2014年12月6日のツイログ参照。

日本が世界で孤立化している

日本はフィンランド的地政学ポジションにあり社会自由主義を導入する


リーマンショックに関する予言とその対策、金融緩和の評価と意味に関しての記述の予定







2011年アラブの春と東日本大震災

150507追記1 ※〜

ここへの文章のため、いまから過去の政治イベントを調べながら、当時のことを記憶から引き出して正確な記述を書くことが、随分と妨害があって無理そうなので、目ぼしいツイートをとりあえず転載します。関係ツイートを読んだり整理したりできない不十分な状況で転載していることをご理解下さい。文章は、書けるときが来たら書くことにします。

2014年07月13日(日)のツイート
自民党が野党のとき改憲案批判で露骨な #電磁波犯罪 被害に遭遇。以前からTVの #集スト 被害と「天の声」利用をされていたので、安倍さんがそのタイミングで、なぜか生出演していたフジの情報番組をつけて、電磁波を止めるように米国の友人に頼んでほしいと要請も「何のことか分かりません」。
2014年7月13日のツイログ参照。


2014年07月18日(金)のツイート
集団的自衛権や規制委の原発再稼動承認など、僕の反対する重要政策と並行して、#電磁波犯罪 被害が酷くなり、広く情報を追えない。特に国際報道が見れなくなると同時に事態が悪化し残念。11年は震災に追われる間にアラブの春の悪化と米愛国者法延長。12年はTVを減らしたら尖閣問題。#平和主義
posted at 21:32:14


2015年02月08日(日)のツイート
世界の最富裕層80人が持つ資産が、70億人の世界の所得が中央値より下にある35億人のもつ資産の合計よりも多いこと。彼らは何により富を得、維持し、それを増やしているのかが非常に重要。格差是正があらゆる問題解決に繋がる。
イスラム国 #NHK日曜討論 #NHK #日曜討論
posted at 10:03:43

イスラム国の問題の前に、アラブの春があった。東日本大震災で追わなくなったが、当時はリベラルな市民派の若者が中心で、目的もまともだった。イスラム国とは対照的で、どちらも利用されただけで成功しないにしても、リベラルなアラブの春はうまくいって欲しかった。
アラブの春のころ、僕は #天の声 の利用下にあって、イスラム世界で民主化に成功しているトルコをモデルにすべきという意味で、オスマントルコ復活か?みたいなことを言った記憶がある。東日本大震災とその過程でリセットだったのだろう。右傾化と暴徒に反対。
#サンスク #tvasahi
posted at 12:59:14



テレビ番組の生放送

現場で動作→(数秒後)→テレビ画面の動作
              ↓
        その動作の特定視聴者への影響

#電磁波犯罪 の #セクハラ電磁波 のタイミングが出演者と一致するということは、何者かによる操作の想定が必要。#誤解を避けるために
posted at 22:21:24



2015年01月06日(火)のツイート
85年プラザ合意後、急激な円高で経済難から金融緩和。86年12月~91年2月のバブル。米国による日本の巨額貿易黒字の是正要求から前川レポート(85年)で大規模な公共投資(後にケインズ系の自民党政治家が汚職で消える?)。原発などにより原油価格暴落。消費税。今とそっくり?
#バブル 元年の1986年と2015年が似ている。はじけた後に失われた20年。私たちはあのときより賢くなっているが、当時は人口が減っておらず、国の債務がGDPの数倍という状況もない。東京五輪があるという意見。後が怖い?
五輪の年にロシアは戦争を仕掛けられる。日中は…?
#ひるおび
posted at 12:48:48


2014年12月31日(水)のツイート
#電磁波犯罪 及び #集団ストーカー 反対!

細川政権、民主党、アラブの春の崩壊…
過去から分かる仕組

  悪の国際組織
 様々な下部組織等
  ↓     ↓
  ↓ 電磁波 ↓
  ↓     ↓
被害者→対立←被害者

潰しあう罠の回避を!


僕の推測
日本においては、加害者は反米的な人を右翼化させて #電磁波犯罪 の被害者にする。それで左翼がやっているように見せかけるが、実際にやっているのは傀儡保守を利用する者。
「本質的に」裏権力は右(権威主義。保守的。支配的。)だが左のフリで誤魔化している。

加害者の敵を仲違いさせ最も過激な者を孤立化。それ以外を取り込む。ときには孤立化させた最過激派まで取り込み、入替え、少数派に多数派を支配させる。
#重要 #陰謀ではない現実 #誤解を避けるために


2014年06月23日(月)のツイート
#テクノロジー犯罪 #電磁波犯罪 #集スト 反対
666はミロクだが欧米では怪物の意。
6.66Hzの電磁波は人を鬱病にする。
車のCMにナンバー4566のものがある。死後(思考)66と読めるが、僕が死んだ後に鬱?僕が死んだと思ったら鬱?思考が鬱?
僕は死ぬつもりは無い。
#陰謀
posted at 02:24:44

#テクノロジー犯罪 #電磁波犯罪 反対
#LIDA リーダ
とにかく話したい気分になって自分から情報を漏らすのだ/きわめて低い周波数で活動している脳に刺激を与える40MHzの電波を発生/75年、連邦議会はロックフェラー委員会にCIAの国内活動を徹底的に調査する権限
出典:電子洗脳
posted at 23:15:32

#テクノロジー犯罪 #電磁波犯罪 #集スト 反対
この犯罪の本質的な主体は保守権力。権力は常に保守であり新自由主義も #ネオコン(新保守)が推進。事実隠蔽のダミー情報が多い。やられているのが左派であれば、右が実行しているとばれるので表に出すことは避ける。左右関係なく反米は犠牲に。
posted at 02:51:44


2014年06月16日(月)
#憲法9条 を #ノーベル平和賞 にという要望が受理
平和的でいいと思う。ただし過去に佐藤栄作首相が沖縄への核持ち込みの密約を個人で保管、さらには核保有を検討していたという事実を隠してノーベル平和賞を受け取った結果、なぜか半年後の6月3日に亡くなった。今の違憲に近い状態で大丈夫?
posted at 02:35:05

#集団的自衛権 反対
97年に日米ガイドラインが改定、99年に周辺事態法ができ、北朝鮮や台湾海峡有事での米軍の戦争に日本が後方支援をする体制が整った。97年6月3日にネオコンのPNACが活動し始めたと同時に僕は仕事にいけなくなり99年まで #電磁波犯罪、#テクノロジー犯罪 被害。
posted at 12:10:19


2014年09月06日(土)のツイート
#誤解を避けるために
僕は仏教哲学がほかのどの哲学より普遍性があり本質的に正しいと信じていますが無宗教です。だからといって他者の信仰心を否定することはありません。多様性を容認し違いを尊重することは人類社会の経験が生み出した知恵であり、異文化間の交流が発展に貢献すると信じています。
posted at 14:44:42

#東日本大震災
#テクノロジー犯罪 #電磁波犯罪 #電磁波脳操作 #地震兵器 #集スト現象 反対
かつて #天の声 として政治利用されたが、それは結局のところ徐々に #メディア集スト現象 に変化していった。書こうとすると電磁波をあてられ、目的が失われ、胸が苦しくなるが、これだけは書かなければいけないと思う。やっているのは警察や自衛隊だろうか? 原発マフィアも含まれるだろうが本質は偽ユダヤ財閥ではないのか? 僕にとってはメディアが加害者だったが、メディアからすると僕の状況によって加害者か #天の声 に感じられたのではないか? どういう手法の結果かは不明だが、僕が女子アナ好きだったこともあって、テレビ局が新規採用する女子アナが、僕の好みの女の子が増えていった。僕は政治思想的には昔から中道左派にあたるが、20年以上前から右派局であるフジテレビと左派局であったテレ朝のMステが女子アナを視聴率のために戦略的に利用し出した。元々そういった潮流があったのが、2006~7年位から全局的に僕の好みを探るかのように女子アナを採用するようになった。当時の僕は、#天の声 として、社会自由主義政策を主張していた。それが理想と現実をうまく結びつけており、世の中を変える可能性を感じたのか、テレビ局各局が #天の声 の存在を信じた結果の女子アナの採用だったのかもしれない。

しばらく後にはアメリカでCHANGEを掲げたオバマ大統領が誕生した。当時は大正デモクラシーのように、世界中で社会がいい方向に変化する期待に包まれていた。今となって分かるのは、大正デモクラシーの後に世界恐慌が起きたのと同様に、「CHANGE」の大統領選の最中にリーマンショックが発生し、改革は思うように進まなかったようだ。日本でも民主党政権が、妨害を受けながらも誕生したが、リーマンショック後であることに加えて、財源戦略で自民党が仕掛けた罠に嵌ったこともあって、多くの期待に反して厳しい状況の中、問題が噴出していった。

#裏世界支配層 は持ち上げてから落とす手法を常に用いる。世界中でアラブの春を始め様々な希望が花開いたが、全てその後に不遇の結果をもたらしている。リベラルな改革の後に右翼の影響が増大し、社会の右傾化に伴って戦争の危機が顕著になるというのは、“いわゆる” #ロスチャイルド戦略 以外の何ものでもない(ロス茶が直接関与しているかは不明だが)。日本も #リベラル な民主党があらゆる角度から攻撃されて苦労する最中に、#東日本大震災 とその後の #原発事故 が発生した。そういった流れの中で僕はをアラブの春の情報を追えなくなり、震災と原発情報一色になった(その後アラブの春はリベラルが挫折した)。

2010年後半から、#メディア集スト現象 の方では、僕の好みの女子アナばかりが抜擢されているが故に、浮気をするなという圧力が多方面から強くかかった。ぼくは、もし浮気をすることなく一人に絞ったなら、それは少なくとも僕にとっては不幸をもたらすことが予測できていたが、それをやったらどうなるのかを示すために、あえて一人に絞るという行為を試した。その結果、その女子アナがすごい形相で顔を振りまくるようになる(顔を振る=異性をフル=失恋)。分かってはいても、にこやかだった彼女が一月に渡って嫌悪の表情で激しく顔を振る仕草を繰り返すことには強いショックを受けた。

2011年の3月5日には、酷いショックを受けたことがはっきり分かる記述が残っている。10日には「もう逢えない、見れない。Bye bye for now.」と記述している。11日夜には彼女が司会の恋バナ番組が放送予定だった。翌日の2011年3月11日に何があったかはご存知の通り。恋バナ番組はお蔵入りとなった。僕は地震前に「知らせ」があるまで寝込んでいた。(「集ストの経緯」の「重要関係資料」参照も閲覧注意。)

この事態で責められるべきは、この戦略をとった悪の権力ではないのか。(6/12の詩)
#東日本大震災
posted at 20:37:26

  2014年06月12日(木)の詩
  津波きて 先を急ぎた 車列あり テレビカメラは それ避ける
  地揺れて 炉が割れ傷んだ その事実 不明の危機より 明確か
  震災に 倒れた政府の その先に 続くは巨悪の 世界支配
  失いた 命の尊さ想ふほど この陰謀は 許さまじ
  目に見えぬ 悪しき煙を 怖れつつ その怒りは 天空を討つ


#仄めかし
今年の春、筋肉質な日に焼けた若い女性が裸で僕に乗っかってきた夢を見た。数日後に夢で見た女性と同じ体格と顔をしたある若い女子ゴルファーが優勝。それまで見たことのないゴルファーだったので夢に驚愕した。ただ僕はロリコンではない。当時は書かれると思わずに映像送信したのだろう。
posted at 20:46:18

#誤解を避けるために
#ディストピア 反対
誰かが潰され誰かが恩恵
過去に #オメラスから歩み去る人々(http://dogbtm.blog54.fc2.com/blog-entry-232.html)の #仄めかし。僕は子どもではないし特に障碍もなく体型もすべて逆なのは写真でもわかると思う。
でも誰かのために人生が潰されている。
posted at 23:05:23

ウィキペディアのディストピア
僕のツイログの#ディストピア

さっきのRT(#ディストピア)にのび太とドラえもんが関係している #予言 のような #仄めかし があるが、どうも僕はのび太ではなくドラえもんらしい。過去に友達が自分がのび太で、僕が何でも出てくるドラえもんだと言っていた。彼は茄恥巣で予言ぽいが、のび太はもう一人の方かもしれない?
posted at 23:52:23

〜※ 150507追記1



予定






2012年の危機

集ストの経緯【閲覧注意】 >  2012年の暗殺の危機【閲覧注意】


国際情勢と政治については、基本的なこととメディア集ストの関係をできれば書きたいが、電磁波犯罪による記憶抑制と妨害が酷いことは確か。上の空白のところの項目も含めていつか書ける日がくると思う。






それ以降の見える化された脅し

脅しについて1
脅しについて2
脅しについて3
権力による集団ストーカー






現状はどうなのか?

作成中です。わかりやすいツイートがあるので、それを以下に掲載します。


160806追記 ※〜

2012年から2015年まで(TPP以外(当時は激烈なTPPの脅しはまだなかった)での菅政権の継続を期待したのに見事に裏切ってくれた野田政権と、その後の安倍政権による秘密保護法と違憲の安保法制という悪政が続いていた間)は、僕の政治的な影響は無かった。強制的に外されたことは、2012年の9月の危機で明らかだ。その後は討論番組を見ても、こちらの意見(平和主義の中道左派)は反映されず、逆にネトウヨが何かをしている印象の何かが裏であるように見えた。2016年現在では、その頃のネトウヨらしき者が何をしたかはまったくわからないけれど、僕が誤解されて迫害されているかのような状況にある。ただし、まともな人には安倍を操ったという誤解がされ、安倍政権からすると反安倍の人間への弾圧ということなのだろう。背景に戦争屋の姑息な手法があると思われる。

その間もそれ以前も今も、僕はずっと平和主義の中道左派でした。

2012年にテクノロジー犯罪の被害をみえる形で受けて、それが何かを調べる過程で、陰謀論などを読んでおり、それまではまともな政治言論にしか触れていなかったし、国際政治におけるネット言論で国際社会の裏の基本構造くらいは認識していたが、それは陰謀論とは異なる事実の裏であって、僕がメディア集ストの政治利用で政治に割といい方で影響していた頃の意見は、表に出しても問題ないものが多く、陰謀に関することもなくて、せいぜい陰謀とは関係ないエシュロンの盗聴やネオコンの戦略への批判程度であって、実際に誰が聞いても頑固な左翼や右翼のような人でなければ強い反論などされないようなものだった。

ツイッターで政治のことを書くようになったのは、主に2014年から(それ以前にはほとんどネットに書き込んではいない)で、そのときに憲法9条の解釈改憲とその後の戦争法と言われた違憲の安保法制が制定されている。その間の主なツイートは#をつけて記録に残してある。それ以外にもテレ朝やNHKの番組を見たときに、番組名の#をつけて、自分の意見や番組内のポイントのメモなどを残している。脱原発も続けている。

ツイッターの#平和主義#戦争法反対#脱原発を参照下さい。

主に2014〜15年のツイートが残っている。いまはテクノロジー犯罪の被害で政治情報がそれまで以上に得られなくなって、政治ツイートはやめている。安倍政権が悪辣な政策の推進を一旦停止していることもある。ただし、現政権の一見するとよくみえる政策も裏がある(野党案を骨抜きにした同一労働同一賃金推進法など)ので、実際にいい方向に行くかはその後の進捗状況を見極める必要がある。

ツイートは被害が可視化されてからの記述なので、陰謀論を信じてはいなかったのに、誤解されるような形で、その影響が残る部分もあるかもしれない。政策に関する意見も、レベルは低くはないが、認識レベルは以前よりは下がっている。ただし、記述したものなので、それ以前のリアルタイムで喋る内容とのレベル差は感じられないかもしれない。

(電磁波の被害は実際にあるもので、陰謀や妄想ではありません。)



以下は先日のツイート。上のリンク先のツイートとは関係なくて、最近(2016年度)は、過去と違うかもしれないという内容。

2016年08月03日(水)のツイート
過去の長期のメディア被害と、数年前に気付いた電磁波被害、一定の文脈上の法則があったように感じたが、今年度(2016年度)から何かがおかしいような気もする。そういうのは時間が経ってからじゃないとわからないもの。実際はわからないが、念の為に配慮が必要に感じる。#誤解を避けるために #重要

補足:2016年度から何かがおかしい。過去の長期のメディア被害における政治絡みの状態が2011年に終了し安倍政権樹立前から可視化された電磁波被害。政治は影響がなくなってから、# 付きでツイートした。違憲立法を止められなかった。政治以外はまだあるが…?  #誤解を避けるために #重要

補足:2014年の秋にHPを作って重要点だけまとめている。特定の政治絡みの内容だけは妨害され書き込めていない。2011年からの被害メモはアドレスにakejyが付くHPには全てある。(ヤフーは容量の問題でツイートなし)被害の全てを書いているわけではない。#誤解を避けるために #重要

補足:過去の# 付きの政治ツイートは、メモと自分の意見が混在している。はっきり分かるような自己ルール付けをしていたつもりが、脳操作で混在状態になっているのが第三者には分かり難いと思う。決して低レベルではないがツイートを始める前の方が質の高いことを言っていた。知識は自分で吸収した。

ツイートの転載はここまで。

実際にどうなるか分からないけれど、2012年に裏による僕に未承諾の一定の利用が終ったらしかった。上述のように被害が激化した。利用されていたらしき間も、何かを感じて、利用されてたまるかという姿勢で、おそらくネオリベ側で利用されている可能性があると考えて、その利用が嫌だったので、権力側の保守、新保守、ネオリベの3者に利用されないように、リベラルや中道左派の立場の発言を続けた。

それも2011年ごろまでの話だったが、2016年になって、何かが変わっているかもしれない。

おそらく古い計画があって、そのために僕の言動に関係なく利用されていたかもしれないが、2012年から2015年までの間は、徹底抗戦したので、シールズ(には直接かかわれないようにされていたけれど、僕の平和主義や脱原発の意向が反映されたかのように、(2011年から続いた)脱原発デモ(雑誌「世界」の2012年9月号でデモを扱っていて、その後に僕がテクノロジー犯罪の激甚被害を受けて、共産党の元地方議員のところに逃げこんで、苦しみ続けて、その際に統一教会の文鮮明が亡くなったが、同時に脱原発デモも収束してしまったものの、尖閣問題も終息するという、喧嘩両成敗かのような状況になった。)やその後の戦争法反対デモが大々的になされた。

(直接的には僕が関与していないように見せられているけれど、僕の意向が反映したように感じた。こういう情報を表にだしたら、逆に僕が僕の敵である安倍政権の方にみせられて困っている。これを書いている途中に、 裏システムによるマイクロ波聴覚効果と思われる音声送信が脅してきたけれど、脅しに屈するつもりもないが、何か滑稽な感じもする。)

〜※ 160806追記


150507追記2 ※〜

2015年05月06日(水)のツイート
エドワード・スノーデンのことは書けるのに、ウィキリークスが書けない。そういえば、ウィキリークスには強い好奇心を感じていたし、情報を欲しがったのに、ネットどころか新聞報道を読むことも妨碍され続けていた。加害者が誰かはっきり分かる。スノーデンはこの権力の自作自演の可能性を感じる。僕が誕生日に簡潔な哲学記述をしたあとに、彼がリークをしたこともある。ウィキリークスに関しては以下のエピソードがある。アフガンでの無人機攻撃をバイデン副大統領が決めたときに、リアルタイムで、一般人とテロリストの判別が不可能であるため、無人機攻撃をすべきではないと、天の声の末期(もしくは終了後)に言っていた。案の定、作戦が開始されてしばらくしてから民間人が攻撃される映像をウィキリークスが公表している。

2007〜10年のウィキリークスのジュリアン・アサンジ。
この時代はリベラルだった。
2008年のリーマンショック。
2011年の東日本大震災。
2013年以降のエドワード・スノーデン。
この時代に、世界が右傾化している。
明確に流れが存在。#重要


2015年02月21日(土)のツイート
オウムの麻原は終末論を信じ、選挙落選後に政府、警察、メディアがすべて敵になると宣言して破綻していった。
第三次世界大戦を信じており、弁護士や娘の接見時に自慰をする(セクハラ電磁波)まで落とされている。
僕は実は中身は逆。
#名前の一致は偶然か否か
#asahi #tvasahi


この例を見ても、破綻するものは予言の自己成就という形をとらされていることが分かる。
パナウェーブ研究所が崩壊していった内部の過程はわからないが、彼らは反共だった。
僕自身は陰謀論者ではないし、反共もするつもりはない。末世も黙示録も終末論も信じてはいない。
ただ、悪いことも何もしていないのに権力による電磁波犯罪の被害にあっている。
社会実験の被験者であったことが推測できるが、犯罪行為も示威行為も、内乱に繋がることも、煽動行為も何一つしていない。
そういうことの有無にかかわらず、人体実験に反対する。

〜※ 150507追記2



150417追記 ※〜

2015年04月17日(金)のツイート

僕が黙っていても、僕の見ていること、していることを観察している者がいて、おそらく思考盗聴等の技術が背景にあるが、僕のその監視者が何かを言ったときに、テレビの世界で何かが起きていることが、音声送信とテレビで起きている反応から、この日のNHK「おはよう日本」を見ていて理解できた。
#電磁波犯罪 #メディア集スト #メディア集スト現象 に反対。(posted at 08:22:21 を修正)


【陰謀とは】
陰謀の中に一縷の真実があるのは事実でも、陰謀論にはデマが多いので、そこで出てくる固有名詞は、陰謀論の中に出てくる場合に限って、信じないほうがいい。
陰謀論は権力が特定の目的のために人を騙していたり、現実にある嘘の中の真実のリークに使われていると思われる。ただし、僕は陰謀論者ではないのでデマは言っていないけれど、相違に人間にも関わらず、陰謀に現実世界で巻き込まれている。(posted at 09:41:29 を修正)
繰り返すけれど、陰謀論の中のある種の真実があるのは事実だけれど、僕が巻き込まれているものは、あまりに現実離れいているため、事実なのに陰謀論より陰謀っぽいところがある。
こういうことを書いていると精神疾患と疑われそうだが、決して病気からくるような妄想ではないし、僕の周りで起こっていることはデマでも嘘でもない。名前も住所も写真もエピソードも僕本人のものであることが事実ということは誓ってもいい。
#誤解を避けるために #重要 (posted at 09:46:49 を修正)


【テレ朝が右傾化しているわけ?】
さっきのテレ朝系のモーニングバードの最後が「人を間違えてしまいました」で終わった。誰に言ったのかはわからないがテレ朝が右傾化した理由がそれ。
テレ朝は僕と同じ中道左派局だった。一時期僕がマインドコントロールから中道に寄りすぎて喧嘩をしたあと誤解を避けるために僕は左傾化した。 (posted at 09:59:47)
テレ朝系のモーニングバードの最後に「人を間違えてしまいました」。その直前に石原良純さんや長嶋一茂さんがテレ朝に出ているのは親と価値観が逆なのか…いや、テレ朝が右傾化したからだと考えた。そう言ったかもしれない。CIA読売系が逆の局に出ているので、そこの発言かも。
#誤解を避けるために (posted at 10:04:29)

僕を使って、僕のせいにしてテレ朝を右傾化させたのは、自民党を裏から支援している勢力だろうことは想像がつきます。



【政治の左右】
僕が言う政治の左右は以下のような内政に関してのものです。保守系が左右を言うときは外交安全保障を意識する場合が多いみたいですが、そこに関しては平和主義中立でありたいと考えます。(150417)
 以下「2015年04月15日(水)のツイート」より。
 音声送信が右(保守)の方がいい政治というから比較。僕は中道左派。
 「時事ドットコム:【図解・政治】衆院選/各党の公約ポイント(2014年12月)」を参照。

右=再軍備
右=企業の成長、競争
右=原発推進、原発に消極的
左=平和
左=市民生活、貧困対策
左=脱原発、原発に消極的

個人的に上の時事通信の内容以外のところで補足をつけると基本的な傾向として以下のようなことがいえます。
右=減税
右=医療福祉カット
右=教育費家庭負担
右=住宅支援弱い
右=自助
右=競争
中=広く課税
中=医療福祉維持
中=奨学金充実
中=住宅支援あり
中=共助
中=多様性
左=富裕層と大企業に課税
左=医療福祉充実
左=教育無償
左=住宅支援充実
左=公助
左=平等
#重要

〜※ 150417追記



上は現状における基本事項であり、右派は常に左派政策を表面上だけ盗んで人気取りをするし、左派系にネオリベが入り込んで右派政策をさせようとしていた過去もあるので、リアルな政治は汚くて、一概には言えない部分があります。(160713追記)

右翼の中には戦前の革新右翼のような左翼の政策を導入している人たちもいて、上の様な単純な分け方が適応されないケースもありますが、昨今までのネオリベ全盛の時代では上述の区分けは正しいでしょう。最近はネオリベが退潮しつつあり、2016年の米国の大統領選では、移民反対と差別という点において極右のようなトランプ候補が共和党から出ており、新聞紙面でも共和党(保守派、右派)の首脳や他の政治家がトランプ人気を仕方ないと捉えつつ政策への支持には逡巡していることが報じられています。保護貿易に関しては保守の側ではと思う人もいるでしょうが、現実の政治では保守系は産業界と繋がっており、自由貿易および小さな政府を主張していました。逆に左派系が保護貿易をする傾向は、20世紀から21世紀初頭にかけて長く続いているものでしょう。左派が一般市民の側かつ反権力であり、反グローバル資本という立場から、矛盾はしていません。保守系の一部にもグローバル資本を外資と捉えて(トヨタなどは除くのでしょう)、反対する人たちも存在します。僕は社民主義+イノベーションの価値観(左派+中道)であるため、一部に誤解もされますが、その立ち位置で、産業界と対立することなく平等の方向に政治をすべきと考えていて、その場合は平等の理念をより強く持ちつつ、根気よく説得する姿勢が求められるのでしょう。闘うことと、根気強く話し合うこと、どちらが現実的に世の中を良くするかは、相手のあることなのでわかりません。(160725追記)












最近(2016年7月)の状況を被害記録から (160725)

(160725の被害記録から転載します)

LITERAという僕と近い価値観のリベラルなサイトに《安倍応援団の評論家が「東京五輪時にはテロ対策で基本的人権を制限せよ」 フジ解説委員も「監視社会にすべき」と同調》( http://lite-ra.com/2016/07/post-2441.html )という記事がある。

(以下部分引用)

選挙の争点から憲法改正を隠し続けていたのにも関わらず、選挙が終わった途端にこのような態度をとるのは姑息としか言いようがないが、周知の通り、現在メディアではまったく必要性のない「緊急事態条項」がさも必要なものであるかのように盛んに喧伝されている。

 そんななか、元外務官僚でキヤノングローバル戦略研究所研究主幹の評論家・宮家邦彦氏が、7月17日放送の『新報道2001』(フジテレビ)でとんでもないことを言い出した。

「(東京五輪で)世界基準のセキュリティーを実現するためには、基本的人権の制限もやむを得ない」

 太平洋戦争前の日本に回帰したかのようなトンデモ発言だが、宮家氏のこれまでの主張を鑑みれば、これくらいのことはいかにも言いそうである。

 宮家氏といえば、典型的な安倍首相応援団の一員。昨年8月に発表された戦後70年談話を検討するための有識者会議(20世紀を振り返り21世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための有識者懇談会)にもその名を連ねていた。

…略…

 当サイトで取り上げたが、先日7月11日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)でも、田崎史郎時事通信社特別解説委員が自然災害時に政治の混乱を招かないために「緊急事態条項」は必要だとデマを語り、視聴者を騙して改憲への道筋を敷こうとしていたばかり。

 今回の『新報道2001』では、いったいどのような経緯で「基本的人権の制限もやむを得ない」などという治安維持法もかくやという発言が飛び出したのだろか?

 番組では、先日発生したフランス・ニースでのトラック突入テロ事件を取り上げ、その事件を踏まえて2020年東京オリンピックの警備はどうあるべきかという議論が行われていた。

 その議論の口火として大島由香里アナウンサーが掲げたフリップに書かれていたのが、先の宮家氏による「世界基準のセキュリティー実現のためには基本的人権の制限もやむを得ない」という意見だった。そして、そのフリップに対して宮家氏はこう補足説明を行う。

「もちろん基本的人権は大事ですから、それを制限するということよりもね、基本的人権で許される枠のなかで、公共の安全のために福祉のために、ある程度の義務を負わなければならないと思うんです」

 これに対し猪瀬直樹元東京都知事は、ロンドンオリンピックでの前例をあげながら、警備を考えるなら基本的人権の制限などではなく、警察で補いきれないところを最新のテクノロジーをもつ民間警備会社とどう協力し合っていくかを議論するのが重要なのではないかと答えた。

 猪瀬氏の提起した、イノベーションの進んだ民間警備会社との協力という議論について、前鳥取県知事の片山善博氏もこう賛成の意を示し、宮家氏の「基本的人権の制限」というトンデモ案をはねのけた。

「基本的人権を極端に制限することに繋がらないような、技術とか情報を駆使して、犯罪を抑止するってことは私は大いにやったらいいと思うんですね」

 さらに片山氏はこう続けて宮家氏の「基本的人権の制限」がいかに危険な発想かを語る。

「基本的人権をかなり制限するってことは、よほど慎重でないといけないと思います。平和の祭典であるオリンピックで基本的人権がかなり制約されましたというのは……。また、日本の場合にはですね、いったん制約したものが、非常時に制約したものが日常化するっていう懸念があるわけですよね。だからそれをよく念頭において、できる範囲っていうのはかなり限られてくるんじゃないかなと」

 片山氏の主張する通り、いったん制限された人権は間違いなく、オリンピック後も元に戻ることはないだろう。自民党憲法改正草案を一読すれば分かる通り、政権は国民の権利をできる限り制限したいと考えているからだ。

 それを裏付けるかのように、政権応援団のひとりであるフジテレビの平井文夫・上席解説委員は片山氏の意見をこのように否定するのだった。

「一般の人を対象にある程度の基本的人権の規制があっても、ある程度、カメラをいっぱいつくるなど監視社会にしないともたないと思うんですけど」

 そして、平井氏の発言に続き、宮家氏はこう語り議論を締めくくったのだった。

…略…

 口では「私は基本的人権を制限しろと言ったんではないんです」と言っているが、この東京オリンピックに乗じて緊急事態条項のようなもので人権を制限し、その制限を政権のよいように永続的なものにしたいと宮家氏が主張しているのは明白だ。

…略…

ウェブサイト「WEBRONZA」に掲載されている自民党憲法改正推進本部副本部長の礒崎陽輔氏と憲法学者の木村草太氏の対談のなかで、木村氏はこのように指摘している。

「自民党憲法改正草案の99条3項の内容だけだと、指示を、強制力のあるものとして、人権を制約しても問題がないんだという条文の作り方になっているわけです。少なくとも憲法解釈の基本通りに読んでいくとそういうふうになっている。
 国民に指示をする場合には「この範囲にとどめなければいけない」というようなことをいろいろ書いておかないと、やはり警戒心ばかりが生まれてしまいますし、実際、99条3項はこのまま作ったらこれはやっぱり人権制限に歯止めがきかなくなる、ということは指摘しておきたいと思います」
「98条の「緊急事態の宣言」についてですが、「武力攻撃、内乱等による社会秩序の混乱、地震等による大規模な自然災害」といった具合に「等」がたくさん書いてあって、さらに「その他の法律で定める緊急事態」とまでありますから、緊急事態については法律の定義に丸投げしているようなところがあります。やはりここはもっと限定をかけていただかないと、何でもかんでも「緊急事態だ」ということになりかねません」

 また、この緊急事態条項はナチスによって悪用されたことでワイマール憲法を停止させ、ヒトラーの独裁を招いた「国家緊急権」に酷似しているとの意見も多数ある。

 緊急事態条項の危険性を特集した16年3月18日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日)では、ワイマール憲法の権威であるドイツ・イエナ大学のミハエル・ドライアー教授がこのように述べている。

「この内容はワイマール憲法48条(国家緊急権)を思い起こさせます。内閣の一人の人間に利用される危険性があり、とても問題です。
 一見、読むと無害に見えますし、他国と同じような緊急事態の規則にも見えますが、特に(議会や憲法裁判所などの)チェックが不十分に思えます。(中略)なぜ一人の人間、首相に権限を集中しなければならないのか。首相が(立法や首長への指示など)直接介入することができ、さらに首相自身が一定の財政支出まで出来る。民主主義の基本は「法の支配」で「人の支配」ではありません。人の支配は性善説が前提となっているが、良い人ばかりではない」

 震災、テロ、東京オリンピック──政権と、彼らに寄り添うことで甘い汁を吸っている評論家たちは、こういった事例を並べて国民の危機感を煽ることで、危険な条文を憲法のなかに織り込もうとしている。加えて、そういった「基本的人権の制限もやむを得ない」などというトンデモ意見をテレビ放送局自らが提示する始末。毎度のことだが、メディアの政権へのおもねりも行き着くところまで来てしまったと思わせる宮家氏の発言であった。我々はこの嘘っぱちがまかり通ることのないよう、声をあげ続ける必要がある。

(引用終わり)

宮家氏と安倍政権のトンデモ意見に対して、僕は基本的人権を制限してはいけないと考える。

「イノベーションの進んだ民間警備会社との協力」に関しても慎重にすべきと思う。もし民間警備会社を利用するのなら、彼らが扱う情報を全て記録させて大会後に公開する義務をつけるべきだ。

「いったん制限された人権は間違いなく、オリンピック後も元に戻ることはないだろう。」とあるが、安倍政権の危険性を訴えるための言葉であり、実際に人権は制限されるべきではないが、もし制限されるようなことがあったと仮定しても、戻せるようにしなければいけないし、もし政府がその気で、最悪の状況が実現したとしたなら、近い将来に政権交代をして人権を回復するべきだ。

監視カメラに関しても、政府機関が民間のものを利用する場合は、プライバシーに関する配慮をしながら全てを情報公開する必要がある。政府が監視する場合は、それ以上に情報公開の必要があるだろう。国民は監視国家を望まない。テロを理由に国民監視を強めるのは、テロを利用する側が権力である状況証拠であり、多くの市民は危険性があって黙っているが、実際には気付いている人は少なくはないだろう。

後半の自民党改憲草案の危険性とナチスの手法の類似性に関しては、同じような理由で、僕も自民党改憲草案に草案が発表されたすぐから、メディア集スト上でそれを批判している。(HPのトップページとそこからのリンクを参照。)

その後(2012年春以降)にテクノロジー犯罪の電磁波被害が悪化した。記述しているいまも電磁波セクハラ被害が生じたが、この被害は当時は全くなかったし、知らなかったので加害者にみせる撹乱だろう。当時の被害は微振動と倦怠感、空中を漂う拍動する静電気の塊による見えない攻撃とそれが胸にきたときの心臓をバクンバクンさせる被害だった。

僕がメディア集ストの過程で批判をしたのはフジ系の番組で、フジの支持する保守系(の自民党憲法改正草案)を批判したのに、その後に味方に近い朝日新聞のせいに見せて酷く電磁波攻撃された。被害が激烈な状況でなんとか書いた訴えが残っているが、自分の意図と文面がやや異なる。被害があまりにひどくて再読と修正ができなかったがために、脳操作を修正できなくて、罠に嵌められている証拠になる。

そのときの加害者は、経緯から考えても、もっと上の連中だと思われるが、CIAかそこから委託されたところか、軍関係か、そういうところの謀略だろうけれど、実験的なのでCIAかもしれない。正確にはわからない。

リアルタイムでは、こんなトンデモないことをするのはCIAではないかと感じたので共産党の方に逃げた。CIAはカルトを利用するが、その後にその下部機関と思わしき統一教会の文鮮明氏が亡くなっている。そのときは見えないけれど近づくと感じられて触れると神経が影響される恐ろしい電磁波の塊から逃げ回りながら死ぬほど苦しんだ。統一教会のトップが死んだからといって別に共産党が強いわけではないだろうし、もしかしたらフジ-統一教会の謀略が失敗したのかもしれないが、文鮮明が高齢で、同時に尖閣問題が発生していたので、何らかの裏の動きがあって、それと連動された被害だったのではないかと思う。味方のはずの朝日系の敵に見せられて、フジ系とCIA系から襲われたら、逃げる先は共産党しかなかった。ちなみに僕は尖閣問題に関しては、日中ホットラインを構築して平和的に解決すべきと考えていた。

話を引用記事に戻すけれど、記事中の安倍応援団の評論家とは宮家邦彦氏であり、ずっと見ていないフジの解説員もそうなのだろうが、田崎史郎氏と共に、権力の撹乱で味方に見せられているだけで実際は僕の天敵だ。彼らは僕への脳操作犯だった可能性がある。そう考えると、自分の考えや感覚とは異なるものが送られて違和感を感じることと矛盾しない。ただし、最近は脳同期者の知的水準が著しく下がったので、他のネット右翼の可能性があり、前述はメディア集ストで利用されていたときに、こちらが困り果てた相手の可能性がある。

その中間段階で、僕が誰かの同期で新聞も読み難くなっていたときに、手嶋龍一氏が、新聞は難しいことがいっぱい書いてありますが…という発言をBS朝日の番組でしていたので、僕と彼に共通した同期者がいた可能性を感じる。そうでなければ、同じように脳抑制されたか、脳抑制された僕の発言を聞いたのかもしれない。

自民党改憲案と尖閣問題、文鮮明の件があって(他のページに経緯を記述している)から、テクノロジー犯罪のことを知って、不可解だった状況が脳操作被害だったとわかった(僕には音声送信は基本的に一切なかった。稀にテレビ出演者の発言に見せて、テレビ側から音が来ているようにみせた偽の発言があったかもしれない)。

何かわからないけれどおかしいと感じていた頃も、注意して言い間違い(と思っていたが脳操作だった)の訂正発言をするようにしていたが、被害の可視化以降は、それまで以上に注意するようになって、その上ネットに被害を書くようになったため、前と同じ利用はなくなっている。

そういう状況なので、ここ数年はテレビ討論をみても僕と正反対のひと(安倍総理側、ネトウヨ?)の意見が討論の場に影響していると感じたが、僕の意見は何も反映されていなかったように思う。NHK解説員の討論番組だけは、何かの影響があったが、実験的に利用されていて、僕の意見以外を聞いている人もいたのがわかった。そちらも今は加害者にみせられるようになったので見ていない。

それより何年も前(もしかしたら、独り言が少なかった2000年代前半に遡るかもしれない。)に僕の口が勝手に喋っているときがあったけれど、その意見が実際の僕の考えと違った場合は、誰かが僕を操っていたと考えられる。常に操られていたわけではないが、ときどき乗っ取りがあった。脳操作は簡単な電極を頭に乗せるだけで、マウスがラジコンのようにリモコンで操作できる実験が公開されており、チンパンジーを用いた古い実験もあるが、そういうことは可能であり、実際の裏での利用はかなり高度な技術が用いられていると考えていい。信じてはもらえない可能性があり、その場合は僕の言い訳にみえるかもしれないけれど、そういう風に誤魔化せることも織り込んで、権力が脳操作技術を実験的に使ったり、政治利用していると考えられる。

もしかしたら僕を操作する相手は価値観の違う僕と同期状態にされていて、基本的な事実認識(基本的事実は価値観に関係なく共有できる)においては僕と同じところから始まって、途中で価値観が別れるところかr自分の考えを続けただけかもしれず、その考えにより僕が操られたのだとしたら、僕からすると僕の意見が僕とは逆の結論になり、それがどういう手法かにもよるけれど、利用されたという状況だったかもしれない。総論賛成、各論反対という自民党が国民を騙すときに使う手法と類似していたのではないか?

僕の意見は社民主義の北欧福祉国家志向なのだけれど、デンマークという大きな政府の福祉国家にとっては必須の補完政策である積極的雇用政策というものがあるが、それは雇用を護るためのものであるのに、それを悪用して小さな政府側の日本で雇用を流動化させたい大企業と自民党の思惑で利用されかけたことがある。

利用されたのは僕一人ではなく、テレ朝やNHKおよび政府に入った識者なども含まれる。その頃には、裏謀略に気付いて批判をし続けたけれど、実際に批判が効果を発揮はしなかった。しかし、社会というのは多くの構成員と、悪い企みに反対する人たち(自民党には抵抗勢力にみえるらしい)が存在するので、政治システムのところで止められたため、悪用を免れることができてホッとしている。

当時、フジの人間が僕の意見の改変された内容を聞いていたら、福祉国家といいつつ与党野党関係なく自民党の都合がいい結論になっていたのが滑稽だっただろうし、朝日系でも北欧への警戒が生じたはずで、NHKは目的に即した番組を作るので、その辺の考えは分からなかったけれど、僕自身は僕の主張を悪用する内容は批判していた。

雇用規制の不必要な緩和は批判しながらも、社会的セーフティネットの構築は必要であるとも主張していた。それ自体はどう考えても正しい意見だし、正規非正規社員の不条理は是正が必要だけれど、正社員を落とすのではなく、非正規社員の待遇と権利を大幅に改善する必要があると主張した。

それが伝わっていたかは疑問だし、もしかしたらこちらからはわからない、もっと別の手法がされていたかもしれない。今となってはわからない。

結局、権力が僕を利用していたとしても、実際の僕の状況は逆で、僕は権力側の修正をしていたのかもしれない。繰り返すが、裏権力は姑息なので、こちらにも脳抑制があって、わかりやすい言葉を使えなかった可能性もあり、そもそもこちらの意見が伝わっていたかもわからない。

他の例だと、引用記事の文脈では、テロや犯罪の防止のために防犯カメラを設置すれば監視国家になる(かつては英国がすでにそういう状態と言われていた)が、その意見を僕が修正すると、そのカメラ映像は一般人が誰でも見えて、権力側が使う場合は、どこをどのように閲覧し使用したかの報告を義務付ければ、一般市民が互いに安全確認できて、権力の恣意的利用も防げる、となる。そういう補足を十年くらい前に言った記憶もある。

実際に補足の方が伝わっていたかは不明だけれど、結果として僕は反権力の立場で何かの考えを修正していたが、もし政治に疎いひとが権力側の意見と誤解して聞いたら、権力に正義があるかのように思い込んで、悪質な権力のしていることを肯定的に受け入れるかもしれない。もし、そういう利用がずっと昔(2007〜2008頃かも?)にあったのなら反対したい。

現状は民主主義に即して市民よりの仕組みを導入できる政治状況ではないことが以前以上にはっきりしているので、監視国家自体を明確に否定する態度が必要だろう。

電磁波世界で僕は利用されたかもしれないけれど、僕の立場では基本的には僕は利用されていない。それでも、隔離状態なら、どんなデマでも流せるだろうし、僕以外の人の意見を僕のものに見せることだってやっているっぽいので困っている。

2000年代後半以降は、メディア集ストに気付いたので、口が勝手に違う意見を言ったときには基本的に修正していた。ただし、こちらがAと発言したのを、誰かがA'に変えて伝えて、それがBにまで変化していた場合に、利用だったにしても、すでにそれは僕の意見ではない。

ただ、僕への組織ストーカーによるマイクロ波聴覚効果と思わしき音声送信には、僕の意見を聞いてはダメだと喧伝する者が存在していて、そういうことをされたら、こちらは意見が言えなくなるということになるが、そういう仕組みで妨害工作もされた。

そういうことをしてくるあらゆる技術が裏権力側にあることは隠されているらしく、一般に説明しても統合失調症や双極性障害などの精神疾患ということにされかねない。精神疾患とされるひとが脳の遠隔操作の実験被験者である可能性がわかる。

最近はもう見ていないが、BS朝日の番組をみていて、元フジの木佐彩子アナが僕の味方のつもりなのか、ペンの色を青、緑、茶など僕の発言に合わせて変えてばかりいたけれど、(現状はわからないが、僕が批判していたブッシュ政権を擁護していたらしき)手島氏と頑張ろうと言っていた時点で必ずしも味方かどうかもわからないと疑心暗鬼になる。

実際には赤ペンの人たちが僕の価値観に近いことが多いみたいだが、最初は僕に同意なら青、反対なら赤と言っていた。もしかしたらそれを言ったのがフジの番組で、テレ朝には赤を持つといいと、脳操作されて言ったかもしれない。記憶は曖昧だが、テレ朝に対してそれを言ったときに、僕の意図ではなかったのは確かだし、明らかな味方に腹が立って仕方ないという脳操作をされたのも事実だ。

もしかしたら、フジ系に対して言った僕の発言を聞いていた誰かが、赤ペンは僕に反対だと捉えて、怒っていたのに脳同期されたか、単純に赤ペン等を敵に感じる感情操作の仕組みがあったのかもしれない。20年見てきて味方の側と分かる相手(小宮悦子)に腹が立って仕方ないのには困惑したし困り果てた。

他に古舘さんが赤ペンだったが、彼はリベラル保守っぽくて僕とはわずかに違っていたが、本当にリベラルな人が出難いいまのテレビのなかでは遠からずというところで、明らかに味方だった。上の被害から時間を経過していて、僕の方は何とか同期者の誤解を解けたけれど、古舘さんは誤解して長年怒り続けていた。ただし、対象は僕個人ではなかったのだろう。

要するに、僕の話が伝わっているかのように見えて、僕をメチャクチャに翻訳する人たちの意見を聞いているらしいことの推測がつく。長くメディア集ストが続けばそういうことに気付くが、出演者がペンで意思表示をしていても、それに意味があるかは既にわからない。時系列の文脈を全体的に追うと、保守局は見ていないのでわからないが、僕へのイエスノーではなくて、ペンの色が思想色だろうことの推測は成り立つ。それなら、僕は赤っぽいだろう。ただし、こういうことを考えたり発言するだけで、自民党が味方だとデマ対応してくるのに長年困っている。

ペンの色で意思表示されても、それが僕が知らない僕にとって新しい人だと、色がどちらを意味しているか分からないし、当事者が騙されていない保障はないし、テレビでの発言とネットの個人サイトでの本音が逆の人もいるので、何が事実かは分かり難い。撹乱しながら権力が人を操って世論操作をしている可能性がある。

僕はずっとアンチ安倍なのに、そういう利用において電磁波世界では安倍総理の側に見せられているかもしれない。味方が敵になり、敵が味方かのように近づいてくるのは、ツイッターの一部のフォロワーにも共通するもの。事実を表にだしても精神疾患ということにされるのだろう。

事実として僕は社民主義〜リベラルの価値観なのに、そちらのアカウントとは最初(ツイートを書きだした2013年4月)から接触できなくされている。結局、仲間ができない。多くのフォロワーと価値観が違うからRTもされない。同じような価値観のフォロワーのタイムラインには僕のツイートが載らないのかもしれない。そういう状況は現実世界でもあって、中2(1988)くらいから、近い価値観の方とは隔離操作される。計画的な謀略の元にあることがわかる。

非常に危ない状況が長く続いているけれど、何らかの形で利用されているかもしれないし、そうであれば利用するために孤立化させられている。ただし、今年(2016年)10月に何かあると予言されたので、その時を乗り切れるか気にしている。死にません。

(転載終わり)

人権侵害に反対します。

  ーーー

(ツイートの転載)
2016年07月26日 12:32:13

① 何故か都知事選で鳥越さんがやられているらしい。あまりテレビを見なくなったので、ゲンダイやリテラのサイトを見るまで知らなかった。

② 保守分裂で野党側有利と考えていたが、根拠なき雑誌報道を用いた与党のメディア支配によるネガティブキャンペーンが効いているらしいが、世論調査がデマの可能性の方が高いと思う。

③ どうも、小沢さんが民主党政権の際に、結局は無罪だったのに、政治的にやられたのと同じだと、ゲンダイは言っているようだ。

④ ゲンダイの主張の一部は事実だろうし尊重するが、小沢一郎氏の無罪には裏がある。政治資金規制法の抜け穴により、政治家本人は罪を免れることができる。秘書が有罪だったので、抜け穴の無罪だった。

⑤ 小沢さんが民主党を壊す役だったことは、政権交代の総選挙の前には検察にやられていたのでわかっていたはずだ。なぜ重要ポストにすえたのかが疑問だ。僕は彼がポストのないフィクサー役でも別に構わなかった。

⑥ マニュフェストは民主党のものを小沢氏による鶴の一声で大幅拡張されたが、財源論はなかった。

⑦ 子ども手当自体は賛成だが、財源無しには無理であり、小さな政府のままで現金をばらまくことは、いわゆるヘリコプターマネーであり、要するに意図してかどうかはわからないものの、ネオリベの亜流になってしまった。

⑧ 小沢氏により党内で緘口令まで敷かれて、法制局長官の答弁を禁止され、民主主義のあり方に疑問符がついた(もちろん安倍政権のそれよりはましだったが)。小沢氏の失脚後の民主党潰しもひどかった。民主党を護るためなら、静かに身を引くべきだった。

⑨ ただし、小沢氏を政治家として批判したいとは全く思っておらず、民主党を護るためというそれぞれの状況がそうさせたということは否めない。僕は民主主流派(当時の反小沢)の方だったけれど、いまでも生活の党は僕の支持範囲に入っている。

⑩ あの頃は、みんながみんな、保守側とその裏にあるだろう米国の裏?の戦略にハマって、内ゲバを繰り返させられていた。残念だけれど、今後に教訓にすべきものだろう。

⑪ 内ゲバを教訓に、対立を乗り越える姿勢で、2016年の参議院選挙に臨んだが、結果は伴わなかった。(投票率が低迷し、報道の自由度が72位という状況で、無党派票も流れた。結果として安倍政権の大勝だったが、不正選挙の可能性は表にはでない。)

⑫⑬ 長期的な目線で物事を考える方針は貫いた方がいいし、対立を乗り越えることは重視すべきで、内ゲバ戦略に乗らないことも重要だが、米国?がものすごい技術を利用してで裏で世界戦略を繰り広げているので、共産党は既に毒が抜けていて、現状では何も悪くないし、ただ理想的なことを言っているだけなのにも関わらず、関係性は慎重にしなければいけないという不条理な現実があるのも、政治における事実なのだろう。

⑭ 日本の平和と民主主義および人権を護るためには、それらへの対策として有効なものが何かを考える必要がありそうに思う。

⑮ バッと文を書いて連投ツイートしだしたら、急に雨が降ってきて、一時的に土砂降りになった。
気象兵器が使われているのは確かだけれど、表にされない情報で信じてもらえないかもしれない。国連の環境改変兵器禁止条約(1977)を使えないのか?
いまは政治に余計な口出しはしてません。

2016年07月26日 12:46:46

(転載終了)

ツイートが簡潔で的を射ていると思ったので自己引用します。裏表も計算もなく、正直に書いています。別にどこかと対立するような意図はありません。むしろ、どことも平和主義に基づいて友好的でありたいと願っています。環境改変兵器の利用には反対します。

誤解を避けるために書いたものですが、僕自身は社民党〜民進党の範囲の価値観であり、その丁度間に位置する小沢一郎さんの生活の党と山本太郎となかまたちは支持範囲であることは確かです。過去の謀略による確執は乗り越えて、自民党に対抗できる健全な勢力ができることを期待しています。

共産党には僕が余計なことを言う必要はないと思うけれど、あくまで個人的意見としては、誤解を招かない党名(社民党、社会党、労働党、社会保障党、福祉党、庶民党など:社会党や労働党は欧州でも与党勢力だけれど、共産党はそうではないので)にして、安全保障での対立を小さくして、格差是正をして欲しいとは感じます。

ただ、米国の戦争に巻き込まれたくないのは僕も含めて皆同じ意見だろうから、現状維持で平和を守りつつ、結果として野党が与党になることが難しいが故に格差も是正できないという、どうすることもできない現状は、欧州の左派政党がかつてのソ連との対立のなかでNATOを受け入れる踏み絵を踏んで与党になれるようになっただろう経緯を含めて、それなりに理解しています。日本で同じようなことをした場合、欧州とは異なるアジアの一国でしかないので、よりリスクが高いことも理解できます。

本来、安全保障には一切関わりたくはありませんが、平和が脅かされるようなことは避けたいし、同時に人権侵害も困ります。格差是正もしたい。弱者救済は必要に思う。そういった左派の願いの全てが叶うことが理想だし、市民からすれば当然のことができない政治情勢が異常だけれど、本当の現実はそこであるみたいなので、現実の中で破綻することがない範囲で駆け引きをしながら、いい社会を構築できることを願っています。

(160727追記)














ホームページ

@akejy

inserted by FC2 system